ロードバイクの情報を発信しています!

トップ10に4人にいるINEOS Grenadiersはタディ・ポガチャルを倒せるのか?

海外情報
Pixabayによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/208494/
この記事は約5分で読めます。

INEOS Grenadiersは第6ステージが終わった時点で総合で4人をトップ10に配置している。

  • 4位 アダム・イェーツ +39秒
  • 5位 トム・ピドコック +40秒
  • 6位 ゲラント・トーマス +46秒
  • 8位 ダニエル・マルティネス +60秒

これほど、総合力の高いチームは他にはない。第7ステージでは、初めての山岳ステージで登りゴールを迎える。

ゴール手前は、最大勾配24%となる。この登りで総合順位の変動があることは間違いない。

だが、この4人で、強力なタデイ・ポガチャルに挑むことができるだろうか?

 

スポンサーリンク

ゲラント・トーマス

 

第6ステージでは、ニールソン・ポーレス(EF Education-EasyPost)に次いでゴール。だが、それはトーマスが先頭グループから5秒を失ったことを意味している。

 

ポガチャルとワウト・ファンアールトは、今のところ誰よりもレベルが高い。でも、何があるかわからないよ。

今日の決勝では、コーナーの立ち上がりでタイヤをキープするのに必死で、ニールソン・ポーレスが徐々に離れていった。

チームにとっては良い一日だったと思う。トムはいい走りをしたし、僕たちもその上にいた。

 

ここまで、最高の走りを見せているゲラント・トーマスは最初の山岳でどう走るだろう。流石に4人いるので、チームでの役割は与えられるはずだ。

普通に考えるとアダム・イェーツをアシストすることになるのではないかな。

 

アダム・イェーツ

 

直前のツール・ド・スイスをトム・ピドコックと共にコロナ陽性反応でリタイヤしたアダム・イェーツ。

調整不足が懸念されたが、その心配を払拭させる走りで登りでは集団の前に顔を出すこともしばしばだ。

上記の写真は、第4ステージでワウト・ファンアールトが抜け出した時のものだ。ついていけたのは、アダム・イェーツとヨナス・ヴィンゲコーのみ。

これを見てもコロナ明けで、調子が悪いとは決して言えない。

 

多分、我々はトム・ピドコックを自由にさせ、時間をかけさせるでしょう。我々はGCに4人おり、明日は大きな試練となる。明日、何が起こるか見てみましょう。

 

アダム・イェーツがベストの走りが出来れば、2022UAEツアーで見せたようにタディ・ポガチャルと互角に山岳で走れる強さがある。

問題は、登りのグラベルロードでも同じ走りが出来るかどうかだ。是非、タディ・ポガチャルについて行って貰いたい。

 

ダニエル・マルティネス

マルティネスは、チームバスの中にライバルはいないと主張し、ポガチャルからイエロージャージを奪い取ることが目的であると語る。

 

明日は山で最初のテストとなる。最初の10日間で4つの山があるので、とてもやる気がある。

明日はチームのリーダーを決定するものではない。最も重要なのはレースであり、誰であろうと、それを勝ち取るということだ。

重要な瞬間にそこにいなければならないし、チームメイトの助けのおかげで、そこにいることができる。

感覚は良いが、大きな山に行くまで、その良さはわかない。

 

ダニエル・マルティネスは、アダム・イェーツと共にタディ・ポガチャルに食い下がる役目となるだろう。

 

トム・ピドコック

 

ピドコックはアルプスやピレネー山脈のような大きな山では弱くなると予想されているが、まずは最初の試練となる。

第6ステージでは、上り坂のステージ4位。総合でも5位に躍進した。第7ステージでは、どう走るだろう。

あくまでアシストとして前を引くのか。それとも逃げに入って前で待つのか。4人いれば戦術は無数にある。

 

だが、大きな問題は、ポガチャルという特異な存在に対して、チームがどのように力を結集していくかということだ。

INEOS Grenadiersは、ツールが最初の主要な登り坂に入るとき、まさに望んでいた場所にライダーを配置している。

4人が自由に走っていては、タディ・ポガチャルには勝てないだろう。勝つための綿密な作戦が必要となる。

この4人組がプロトンの新しい支配者に挑戦できるかどうか、すぐにわかるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました