ロードバイクの情報を発信しています!

ミラノ~サンレモで最強の男たちは何故動けなかったのか? 誰もが無敵ではない

海外情報
PexelsのMikeによる写真
この記事は約7分で読めます。

ミラノ~サンレモは最強と思われていた男たちが勝つことはなかった。

299kmと距離は長いが、ライダーを完全に仕分けることのできる場所はない。

特に、今回はゴール手前のチップレッサからイネオスが主導権を握り、ポッジオでは最速の男、フィリッポ・ガンナが引きまくっては誰もアタックをかけれない。

最後は、狙いすましたタイミングでジャスパー・ストゥイヴェン(Trek – Segafredo)が飛び出した。この渾身のアタックをつぶすには、全開で引かないと捕まえられない。

誰もが、スプリントに足を残したいので躊躇するのは当然だ。

 

スポンサーリンク

誰も無敵ではない

チームバスの中で喜びを爆発させるジャスパー・ストゥイヴェン

 

勝つための最善の作戦を勇気をもって実行したジャスパー・ストゥイヴェンのコメントを聞いてみると。

本当に強い3人の選手がいることは、誰もが知っているし、誰もが話していた。しかし、だからといって優勝を目指してレースをしないわけではない。

彼らの走りを見れば、誰もが彼らのことを話題にするのは当たり前だと思う。彼らと1対1で戦うとしたら、彼らの方が強いかもしれない。

でも、今年の初めから言っていることだが、4位になることを考えてスタートラインに立つわけではない。

この3人は、ほぼすべてのレースで世界最強のライダーだが、私は今日、信じれば大きな成果が得られることを示した。そして、彼らに勝てるということも。

無敵の人はいない。それが正しい考え方だと思う。

アタックをかけるのは、ボッジョの最終場面でアイディアが浮かんだという。

スプリントフィニッシュを待つことは敗者のゲームであるため、異なる戦略を試さなければならないと考えたの正解だった。

ジャスパー・ストゥイヴェンは、2020オンループ・へットニュースブラッドでもゴール前で逃げ出して勝利している。マークしておかないといけないパンチャーの一人だったと言える。

 

 

マチュー・ファンデルプールはボッジョでの攻撃が遅すぎたと

パジャマと言われてしまったマチューのスタート時の恰好。上空のヘリからは白パンツは良くわかるんですけどね。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alpecin-Fenix(@alpecinfenix)がシェアした投稿

 

今回驚くほど保守的な走りをしたマチュー・ファンデルプール。ストラーデ・ビアンケと同じように勝利を狙って足を溜めていたことは間違いなかったが。

ポッジョでは自分のいるべき場所にいた。

ジュリアンとワウトのアタックについていくことができた。それは良かったが、そのアタックはポッジョの一番簡単なところで、少し遅すぎたと思う。

降りてくると第2集団の選手が後ろから猛烈なスピードでアタックしてくるので、反応するのがとても難しいんだ。

 

ジャスパー・ストゥイヴェンのアタックに反応出来たかどうか質問されると

そうは思わない。ギャップを埋めようとすると、私も負けてしまう。ジャスパーは適切なタイミングを選び、ゴールまで持ちこたえるだけの足があったと思う。

だから今日の勝者は彼にふさわしい。

皆が言うように、勝つのがとても難しいレースだ。ポッジョではスピードが速いので、単独で逃げ切るのは難しい。

そして最後はテクニカルになる。

と締めくくった後、アルペシン・フェニックスのバスに乗り込み、石畳のクラシックでのリベンジを果たすために帰路についた。

 

 

ジュリアン・アラフィリップ これ以上のことは出来なかった

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Deceuninck – Quick-Step Team(@deceuninck_quickstepteam)がシェアした投稿

 

ジュリアン・アラフィリップは3年連続でボッジョの登りでアタックをかけた。だが、今回は全員を置いていくことはできなかった。

最後も、逃げている二人を捕まえるために全力で集団を牽引。16位という結果となっている。

一日中、とても速かった。レースを手中に収め、フィナーレですべてを試すという目標を尊重した。

サムは正直に、あまり気分が良くなかったと言っていた。その差を縮めようとしたが、勝ちに行くには十分ではなかった。終わってみれば、速い選手たちに囲まれて、それ以上のことはできなかった。

下り坂はあっという間に終わった。トム・ピッドコックが前に出たときは、皆が少し不安になった。

挽回する時間はなかったし、再編成されたことで、最後の2kmの平地では多くのアタックがあることがわかったんだ。

それ以上のことはできなかった。

チームとしては、サム・ベネットがパンクして集団復帰に足を使ったのが痛かった。ジュリアンは、毎回うまくいくとは限らないと言い残している。

 

ワウト・ファンアールトはギャンブルを間違えたと

 

いつものように、ポッジョを高速で下っていく。下りきったところで、ジャスパーがアタックをかけた。本当にいい映画だった。

その後は、スプリントのチャンスを無駄にしたくなかったので、追いかけるのが少し大変だった。

もちろん、多くの選手が私を見ていたが、私は足らなかった。最終的にはカレブのほうが少し速かったですね。

最後の数キロはいつも難しいのだが、今日はギャンブルを間違えてしっまった。

レースというのは本当に難しい。特に、大きな差のつく場所がない場合には特にだ。

 

2位となったカレブ・ユアン

 

今回2位となったカレブ・ユアンは、レース前にボッジョでの練習を何度も繰り返しており、最終的には攻撃を追跡できるはずだと知っていた。

フィリッポ・ガンナの引きにたえ、ボッジョ頂上付近では先頭に立つ場面もあった。

ポッジョのほとんどの区間で良い位置につけていたが、彼らが行ってしまったときには少し苦しんだ。

しかし、彼らについていくだけの余裕があったので、実際にはとても快適だった。

このような状況では常に宝くじのようになる。なぜならば、常に攻撃があるので、ただ待つしかないからだ。

リスクを冒さなければならないし、勝つために必要なことをしたのだが、結局、長く待ちすぎてしまった。

カレブ・ユアンは、2018年のヴィチェンツォ・ニバリに続いて2位になっているが、またも2位となってしまう。

ただ、勝てる可能性があることを再確認した形だ。チームメイトが一人いれば、間違いなく勝てていただろう。だが、それもレースだ。

レースはただ強いだけでは勝てない。あらためて思い知らされた形だ。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました