ロードバイクの情報を発信しています!

何故ワウト・ファンアールトはレース後にランニングするのか?  ランニングの効果は?

トレーニング
UnsplashBruno Nascimentoが撮影した写真
この記事は約5分で読めます。

シーズン前やシーズン中にランニングを行うプロサイクリストが良く見かけられるようになっている。

そのメリットは何なのか?また、リスクはないのだろうか?

スポーツドクターのTom Teulingkxは、「私は以前から、ライダーは若いうちから走り始めるべきだと提唱してきました」と言う。

ミラノ~サンレモで3位になった翌日、ワウト・ファンアールトは10kmを45分で走っている。相当なスピードだ。しかも、10kmも。

 

Wout van AertのSTRAVA投稿より

 

しかし、走ることはサイクリストにとって良いことなのだろうか?

 

スポンサーリンク

ランニングがサイクリストに適している3つの理由

YouTube動画より

 

トム・ボーネンはミラノ~サンレモ後のテレビ番組で以下のようにコメントしている。

「以前は、走ることは悪魔のようなものだと思われていた。ライダーとして走ることは絶対に許されなかった。

しかし、キャリアの最後の2年半は、定期的にランニングをしていた。通常はレース後1~2日後に。

走った後、体の調子が戻ってきたと感じたからなんだ。だから、ワウトがミラノ~サンレモの翌日から走り始めたことは、よく理解できる。」

 

1 骨粗鬆症への対応

スポーツドクターのTom Teulingkxは、以前からサイクリストは若いうちからランニングを始めるよう提唱している。

なぜかというと、

サイクリングは関節に負担をかけないスポーツだからだ。その結果、ライダーはオステオポローシス(骨粗しょう症)になりやすい。

さらに、ライダーが自転車から座席に移動するのは、できるだけ脚を休ませたいからです。だから彼らはほとんど歩かない。

だから、時折歩くことが骨粗鬆症対策の理想的な治療法なのです。ランニングは関節を鍛えるスポーツだからですが。

 

その昔、峠の蒸気機関車といわれたクラウディオ・キャプッチは、日本に来日した時に、エスカレーターで逆向きに座っていたと言われている。極端に歩かない人だったみたい。

 

2  怪我の予防

ランニングには、ライダーにとってさらなるメリットがあると、スポーツドクターのTom Teulingkxは以下のようにコメントする。

 

サイクリングでは、限られた筋肉群しか鍛えられません。その結果、ライダーは筋肉の柔軟性が低下し、その結果、怪我につながる可能性がある。

ここでも、ランニングが効果的だと言う。

ランニングでは、サイクリングよりも多くの異なる筋肉群にアプローチすることができます。その結果、より柔軟な筋肉になり、怪我が少なくなるのです。

 

3 改善

ランニングでは、心肺機能をやや強めに鍛えることが出来る。

ランニングでは、より高い心拍数を容易に得ることも可能なのです。これは、バイクでは常に達成できるわけではありません。そうすることで、バッファーを築くことができるのです。

 

その結果、どんな良いことがあるのでしょうか?

サイクリングを再開したとき、レースでよりよく回復することを実感できる。

 

しかし、ランニングにリスクがないわけではないですよね。すべてのライダーが野生の男のように走り始めるべきでないと思いますが?

ランニングは、すぐに怪我をする可能性があるスポーツです。

ワウト・ファンアールトのような激しいランニングトレーニングは、誰にでもできるものではなく、初心者ランナーには特におすすめできません。

ランニングトレーニングは、ライダーの時間管理も試されます。ライダーはすでに忙しいサイクリングスケジュールを持っています。それでも走る時間を確保するのは難しいこともあります。

 

多くのプロサイクリストはオフシーズンにランニングを取り入れている。

 

トム・ピドコックは5kmのランニングを13分台で走った?
すでにイネオス・グレナディアーズに合流しているトム・ピドコックだが、週末のオフバイクトレーニングで凄い記録を出している。 なんと5kmを13分25秒で走った記録がStravaに上がっているのだ。 だけど、これは12分35秒の世界新記録からわ...
イネオスのエディ・ダンバーも5kmのランニングレースに出場 驚きの記録を出す!
オフシーズンにランニングをするライダーも多い。 イネオスでは、アダム・イエーツがマラソンを走ったり、トム・ピドコックは凄いスピードでランニングしている姿を見せている。 今度は、アイルランドのエディ・ダンバーが5kmのロードレース...
マチュー・ファンデルプールはシクロ初優勝の後に7kmランニング 一方リタイヤしたトム・ピドコックは?
マチュー・ファンデルプールは、今シーズンの初シクロクロスレースで見事な優勝。 事前インタビューでは、馬鹿なことするはずと言っていた。けど、前半に落車したくらいで、後半は下りなども慎重に下ってタイム差を縮めさせなかった。 一方、前日...
Team Arkéa Samsicのワレン・バルギルは初トライアスロンで驚きの結果
Team Arkéa Samsicのワレン・バルギルがオフの間にトライアスロンに初チャレンジするという情報があった。 結果は、あまり期待はしてなかったのだけど、なんと凄い記録を出している。 La Verticale 0-3000...

 

マチュー・ファンデルプール、トム・ピドコック、ワウト・ファンアールトはシクロクロスでバイクを担いでランニングもしないといけない。だから、冬場はランニングをすることも多い。

だが、普通のサイクリストが一気にやろうとするとケガの可能性もあるので適度にするのが良さそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました