ロードバイクの情報を発信しています!

Wahooが屋内トレーニングにWahoo KICKR STEERステアリングを追加

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on Visualhunt.com
この記事は約2分で読めます。

Wahooは、ハンドルバーに取り付けられた親指パドルを使って、ユーザーのアバターの位置を変更できるWahoo KICKR STEERを発売した。

これまで、アバターが前の走者を抜く場合には足の力によって自動で行われていたが、このWahoo KICKR STEERを使うと自分で位置を動かすことが出来る。

より、リアルにバーチャルライドを再現しようとしている。2020年にはZwiftステアリングがすでにあったが、これに対抗するものだ。

 

スポンサーリンク

WAHOO X STEER BUNDLE

 

クラッシュすることはないけれど、他の人を回避するのに失敗した場合、通過する前に数秒間足止めされる。

インターバル セッションなどで操縦したくない場合は、設定の「自動回避」オプションを使用して操縦を無効にすることも可能だ。

新しい Wahoo KICKR STEERは基本的に、スマートフォンを追加のコントローラーに変えるバーに取り付けられたデバイス。

アプリと組み合わせることで、ライダーはメインのトレーニング画面ではなく、指先でスマートフォンを介してビュー、ワークアウト、ステアリング、およびその他のコマンドを制御することが出来る。

Wahooは2022年に、バーチャルサイクリングプラットフォームのRGT Cyclingを買収している。

 

Image credit: wahoo

 

Wahoo初のインドア サイクリングアプリであるWahoo SYSTMは、ゲーミフィケーションやシミュレートされた現実よりもトレーニングを優先していた。

しかし、RGT Cyclingの買収により、Wahoo のポートフォリオにバーチャル ライディングの世界が加わった。

この変更により、Wahoo RGTでの他のライダーとの競争が、よりZwift レーシングに似たものになっている。

現在は、Wahoo RGT、Wahoo SYSTEMのどちらのアプリを使っていたとしても、Wahoo Xという一つのサブスクで管理されている。

価格は3万円。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました