ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールが2020ブエルタ・ア・エスバーニャ出場か?

海外情報
Photo Mathieu van der Poel instagram
この記事は約4分で読めます。

マチュー・ファンデルプールは、2019年シーズンもっとも記録に残るレースをした一人だ。

世界選手権では、寒さとエネルギーの枯渇で遅れてしまったが、雨でなければどうだっただろうという感じはする。

 

マチュー・ファンデルプールは、2020オリンビックのあとにブエルタ・ア・エスバーニャに出場したいという。

マチュー・ファンデルプールのブエルタ出場はあるのだろうか?

 

スポンサーリンク

マチュー・ファンデルプールのレース予定

Photo Mathieu van der Poel instagram

10月6日のLa DH Famenne Ardenne Classic (1.1)で6位となって以降、マチュー・ファンデルプールは完全休養。

1週間家に帰ってゆっくりと過ごした。10月中旬からトレーニングを再開。

この11月のシクロクロスのレーススケジュールは以下の通りだ。

  • 11/3:Telenet Superprestige, Ruddervoorde
  • 11/10: UEC European Championships, Silvelle
  • 11/11: Rectavit Jaarmarktcross, Niel
  • 11/16: UCI World Cup, Tabor
  • 11/17: DVV Trofee, Flandriencross, Hamme
  • 11/23:Ambiancecross, Wachtebeke
  • 11/24: UCI World Cup, Koksijde
  • 11/30:DVV Trofee, Kortrijk

冬の最大の目標はシクロクロスのワールドカップだが、今年はレースの出場回数を減らす方向でチームは考えている。

これは、ワールドカップの勝利数が少なくなりランキングの1位は取れないかもしれないことを意味している。

シクロクロスだけが目標ならば良いのだが、常に勝ち続けることは彼の圧力にもなり、経済的にも厳しい。出場するならば勝つのが目標となりプレッシャーとなるからだ。

シクロクロスに関しては、来年2月の世界選手権での連覇が最大の目標となる。

その後、ロードに乗り換えて、春のクラシックに出場。2019年シーズンは31レースで11勝と驚異的な走りを見せた。

だが、来年の最大の目標は東京オリンピックでマウンテンバイクの金メダルだ。

アムステルダムゴールドレースまでが、ロードのシーズン予定。休養を取った後に、5月末からマウンテンバイクのワールドカップを転戦することになる。

 

オリンピック以降に再びロードへ

コレンドンサーカスジャージ Photo Mathieu van der Poel instagram

東京オリンピックに出場したあとに、マチュー・ファンデルプールは再びロードに戻る。

オリンビックのクロスカントリーレースは7月27日。その後、8月14日スタートのブエルタ・ア・エスバーニャに出場したいと言うのだ。

スポルザ  によると、

「オリンピックに焦点を当てている。東京は私の大きな夢です。その後、グランドツアーは大きな新しい挑戦です。ブエルタに行きたい!」

と語っているのだ。

マチュー・ファンデルプールが所属するベルギーのコレンドンサーカスは、2019チームランキングは18位だ。

プロコンチの中では、 

  • 16位 TOTAL DIRECT ENERGIE
  • 17位 WANTY – GOBERT CYCLING TEAM
  • 18位 CORENDON – CIRCUS

と、3番目のランキング位置だ。このうちTOTAL DIRECT ENERGIE は全てのグランドツアー出場権を獲得している。

 

CORENDON – CIRCUSがブエルタに出場するとしたら、残りのワイルドカード枠を獲得しなければならない。

さらに、マチュー・ファンデルプールを守るメンバーも必要だ。現在20名のメンバーは来シーズン25人になるというが、まだ発表されていない。

ブエルタは、オランダから3つのステージで始まる。オランダ人のマチュー・ファンデルプールが出場すれば大盛り上がりだろう。

マチュー・ファンデルプールの発言により、ブエルタの主催者側がどういう判断をするかはわからない。だが、出場するとなると凄いニュースとなるはずだ。

誰しも、彼がグランドツアーで走る姿を見てみたいだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました