ロードバイクの情報を発信しています!

UCIはレース再開時のコロナウイルスプロトコルを公開

海外情報
photo uci twitter
この記事は約4分で読めます。

UCIは、7月1日からの自転車競技の再開方法を説明するプロトコルを発表した。

これはコロナウイルスがレース全体に循環するのを防ぐため。各組織にはCOVID専門のコーディネーターとCOVIDドクターが配置される。

UCIによると、チーム、主催者、UCIの従業員に対する強制的、推奨的、望ましい措置を扱っているという。

コロナウイルスのリスクレベル(中等度、低度、非常に低い)を考慮して、レースが行われる国の健康状況の深刻さを見ている。健康状態が改善または悪化した場合は、プロトコルを更新することが可能としている。

UCIプロトコルは主にライダーやチームに影響を与え、サイクリングレースの前、中、後にどのように振る舞うべきかを示している。

 

スポンサーリンク

プロコルからのいくつかのポイント

photo uci twitter

上の写真のように観客とレーサーの距離も離れていると良いでしょうけど。ただ密集してしまうでしょうねえ~。

 

簡単にUCIのコロナプロトコルの概要を書くと

  • 各チームは、ライダー、スタッフ、医師などで「チームバブル」を形成している。このバブルは、自由にホテル内の独自のフロワーを有する。各チームには食堂があり、可能な限りポジティブなケースを「脇に置く」ことができるような別室を設置することをお勧めする。
  • レースが始まると同時に、すべてのチームのバブルが「小隊バブル」を形成し、これもすべての対策を遵守しなければならない。
  • 組織はCOVIDコーディネーターとCOVIDドクターを任命する義務がある。
  • シーズン開始前には、選手はコロナテストを受けなければならない。陽性の場合は、すべてのUCIレースでスタートできるようにUCIから証明書を受け取ることになる。それ以降は、余分なコロナテストは義務ではない。
  • ライダーはレース前とレース中に各チームの審査を受けなければならない。これは、選手や側近の健康状態についてのアンケートを通じて1日2回行われる。
  • 組織はリスクゾーンを指定しなければならない:登録、表彰式。ここではアクセスが制限されており、立ち入り禁止となる。観客にはフェイスマスクの着用を奨励しなければならない。
  • 大会が始まる前に、チームバブルの人たちはテストを受けなければならず、すべてのチームはテストプログラムに従っています。
  • 組織やメディア、世間の人たちとの間には、社会的な距離感のルールがある。距離を保てないところでは、フェイスマスクは必須です。
  • レース後の対策は、主に表彰台のセレモニーを中心に適用される。ここでも距離のルールが適用され、ライダーは同時に称賛されることはできず、フェイスマスクの着用が義務付けられている。
  • レース終了後、選手は手を消毒した後、賞品を受け取ることができなければなりません。
  • アンチ・ドーピング検査を行うUCIスタッフも、レース後のプロトコルに従わなければならない。

暑い中、フェイスマスクをして見るのは結構大変かも。

 

検査で陽性の場合は?

  • コロナウイルス陽性の疑いがある場合は、チームドクターがCOVID指定医に連絡する。
  • この医師がその人を特別なセンターにエスコートする。
  • 潜在的にポジティブな人と、その人と密接な関係にあった人には、強制的な措置がとられることになる。
  • 国の健康規則に従うことになります。
  • 組織は、発効する可能性のある健康プロトコールを事前に全チームに通知しなければならない。

国によって隔離の時間が違うので、レース開催国によって変わってくるでしょうね。

 

これは基礎となる土台

プレスリリースで、UCI会長のDavid Lappartientは、次のように述べている。

これらの措置は、さまざまなホスト国の法律や措置に依拠しており、適応する必要があるかもしれないが、このプロトコルは、私たちのスポーツの復活に向けたもう1つのステップとなる。
カレンダーの発表後、ライダーが再びレースできるようにするフレームワークが完成した。

数多くのルールがあるけれども、実際に道端でレースを見るのはOKなのかな?

密集して見てたらいけないように思うけど。無観客でのレースとかは考えれてないようですね。

 

コロナウイルスプロトコルの全文はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました