ロードバイクの情報を発信しています!

ティボー・ピノは100%でなければジロ・デ・イタリアにも参加しない ツールは99%ない

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

ティボー・ピノ(Groupama – FDJ)の回復が思わしくない。

2020ツール・ド・フランス第1ステージの落車で痛めた背中の問題が解決していないのだ。無理をしてツール・ド・フランスは完走したが、続くブエルタでは痛みのためにリタイヤしてしまう。

さらに、今年のツールはスプリンターのアルノー・デマールのためのチームが組まれる。そのためピノはツールには出場しない。

だが、ティボー・ピノは出場予定だった、ジロ・デ・イタリアへの参加も疑われている。

それほどまでに、背中の問題が解決されていないのだろうか?

 

スポンサーリンク

まだ回復途中

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thibaut Pinot(@thibaut.pinot)がシェアした投稿

 

ティレーノ・アドリアテッコから1ヶ月が経ちましたが、特に背中の調子はどうですか?

体力的には問題ないし、気分もいい。その後、将来に向けて楽観的になったとしても、背中はまだ回復段階にある。

トレーニングでは問題ないが、緊張感を持って体に刺激を与えるには、走ることに勝るものはないことを知っている。だからこそ、慎重になっている。

本当の答えは、レースとツアー・オブ・アルプス(4月19日~23日)で、(2018年に優勝)結果を考えるのではなく、自分自身を試して、良くなるかどうかを見極めたいと思っている。

最初から非常に厳しい5つのステージで構成されているので、すぐにわかると思う。

 

この1ヶ月間、具体的に何をしていましたか?

まず、気管支炎にかかってしまい、休養をとりながら、自宅で一人でトレーニングした。

ポジションを調整したり、自転車のソールを変えたり、フィジオセラピストやオステオパス、足病医の治療も続けた。

このまま修正せずに進むのは嫌なので、残りのシーズンで成果を出したいですね。背中の筋肉の緊張を和らげるためには、これを経なければならない。

問題を特定し、進むべき道もわかっているが、時間がかかるでしょう。というのも、特定のポジションに慣れていて、ツール・ド・フランス以降、体がロックしてしまっているからなんだ。

以前のように戻ってくるためには、我慢しなければならない。しかし、ツールでのクラッシュから8ヶ月が経過し、長い時間が経過し始めている。

 

プランBはない

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thibaut Pinot(@thibaut.pinot)がシェアした投稿

 

ツアー・オブ・アルプスでの成績が、ジロへの参加の条件になりますか?

ジロに出場する予定だが、100%の状態でなければ出場しない。95%だったら、絶対に行かない。最も難しいレースだし、前回のツール・ド・フランスやブエルタを思い出したくないからね。

ツアー・オブ・アルプスが終わった後に評価をするが、万が一、他のプランがいくつかあったとしても、私はジロに出場する。

 

他の選択肢は何ですか?

プランAのままでいたいと思っている。どちらにしても、2ヶ月、3ヶ月のトレーニングをしたくないので、自分のプログラムにレースを入れる。

確かなことは、ツール・ド・フランスは99%問題外ということだけだ。なぜなら、私たちはその話をしたことがないし、チームはすでに決まっていて、自分を押し出す理由はない。

喜んでいつか戻ってくる。なぜ来年ではないのか。その間、自分自身にこの質問をしないし、する必要もないと思っている。

今年の私の最大の勝利は、もうこの痛みがないことだ。

 

あなたの今日の最大の目標は何ですか?

ジロに行って山岳ステージを楽しむこと、それが今のすべてだ。腕を上げることもできない。

今年の最大の勝利は、この微妙な時期を乗り切り、自分のレベルを取り戻し、この痛みを感じなくなること。

そして、再びレースに重きを置くこと。キャリアの中で最も重要なケガであり、こんなにランキングが下がるのは嫌なので、もっと良くなることを楽しみにし始めている。

 

これほどまでに長く続く痛みというのは、相当身体のバランスなども崩れていることが心配される。ただ、ジロをスキップした場合に、ツール出場はないと断言している。

そうなると、ブエルタに出場ということも考えられる。ツールに戻ってくるのはいつになるだろう。その時には、完全に強いティボー・ピノが帰ってくることになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました