ロードバイクの情報を発信しています!

ニキ・テルプストラはガチョウをさけてクラッシュ。ヘリコプターで運ばれる!

海外情報
Photo by Jon Sailer on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

ニキ・テルプストラ(Team Total Direct Energie)は、6月16日にオランダのエンクハイゼンとレリスタッドの間でトレーニングを行っていた際に衝突事故で重傷を負い、ヘリコプターで病院に搬送された。

ニキ・テルプストラの負傷は深刻だが、命に別状はないと奥さんがツイートしている。

 

スポンサーリンク

ガチョウをさけて堤防に転落

奥さんがツイート

残念ながら噂は本当です。今日のニキは自転車運動中に大クラッシュ。入院しているので、あと数日はここで過ごすことになります。彼は命の危険にさらされているわけではないが、回復するには時間が必要だろう。

と、奥さんのラモーナ・テルプストラが報告している。

 

テルプストラはガチョウを避けるためにハンドルを切ったとき、モーターペースをかけていたという。その後、岩にぶつかって堤防に墜落した。

3人でバイクペーサーをしていたそうだが、ガチョウが前を横切ったらしい。その後、堤防を通り抜けて溝にはまり、最終的に胸を強打した。

肺の虚脱が激しかったため、すぐには動かせる状態ではなかった。

その後、テルプストラは、ヘリコプターで病院に搬送され、医師が肺の虚脱、脳震盪、肋骨と鎖骨の骨折を確認したという。

 

追記

現在、集中治療室の中におり数日間は滞在しないといけない。

 

ケガに泣かされるテルプストラ

photo Niki Terpstra instagram

ニキ・テルプストラは2019年にQuick-Step Floorsから移籍したが、昨シーズンはケガで低迷していた。

ロンド・ファン・フラーンデレンでは頭部外傷。にツール・ド・フランスでは鎖骨骨折に肩甲骨骨折。

 

エースとして、チームにきたのに期待される活躍が出来ていない。2018年にはウルフパックの一員として5勝をあげたのに、移籍後の勝利はない。

 

ニキ・テルプストラは、コロナウイルスの影響で中断していたシーズン後半のカレンダーを修正し、再スケジュールされたツール・ド・フランス、ツール・オブ・フランダース、パリ~ルーベを中心に準備を進めていた。

だが、今回のケガでまたもベストな状態で再開後のレースにはのぞめないだろう。エースに不運が襲っている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました