ロードバイクの情報を発信しています!

チームスカイは、TEAM INEOSになる予定!

http://www.cyclingnews.com/news/team-sky-expected-to-become-team-ineos/ 海外情報

ついにチームスカイのメインスポンサーがわかったかもです。

Team Skyは2020年にTeam Ineosになりそうです。

イギリスの最も裕福な人物であるジム・ラトクリフ(Jim Ratcliffe)が統括する多国籍化学企業であるIneosがメインスポンサーとしてチームスカイを継承するようです。

 

スポンサーリンク

INEOS

https://twitter.com/TeamSky

Ineosの名前の由来はInspec Ethylene Oxide Specialties。

創設者ジム・ラトクリフと彼の2人の息子が会社名を探す際に見つけた1つのラテン語と2つのギリシャ語の単語に由来。

“Ineo”はラテン語で始まり、 “Eos”はギリシャの夜明けの女神

“neos”は新しい、革新的なものを意味します。

その結果、Ineosという名前は「新しい革新的な夜明け」を表しています。

2018年5月、イネオスの最高経営責任者である65歳のジム・ラトクリフは、日曜日のタイムズ・リッチ・リストを21.05億ポンドでトップにし、彼を英国で最も裕福な人物にした。

 

 

INEOSの事業内容

会社の事業内容は、塗料からプラスチック、織物から技術、医薬品から携帯電話に至るまで、多種多様な商品の製造に欠かせない原材料を製造している。

 

 

Ineosはここ数週間でTeam Skyと協議していると報じられているが、Tirreno-Adriaticoのいくつかの筋はCyclingnewsに、チームの将来は保証されていると語った。

最近のアラブ首長国連邦ツアー中に、監督スポーツマンMatteo Tosatto はスペインの新聞Marcaに、チームがツール・ド・フランスより前かそれよりも早い時期に発表される新しいスポンサーを確保したと語った。

スポンサーはヨーロッパ人になるだろうと彼は言った。

 

昨年、ラトクリフとIneosは、America’s Cupのために戦うことを望んでいるセーリングチームに1億1000万ポンドを投資しました。 チームはIneos Team UKと命名されました。

Team SkyはTeam Ineosと呼ばれるように思われます。

インターネットでは、TeamIneos.comのWebサイトドメインが3月5日に登録され、@ teamineosアカウントもTwitterに登録されていることに気付きました。

ただ、ツイートはまだされていません。

 

テレビ放送局Skyは昨年12月に、ライダーが契約を結んでいるにもかかわらず、2019年がスポンサーシップおよびチームの所有権の最終年度になると発表した。

2020年の新しいUCI WorldTour規則の下で、チームは4月1日までにWorldTourライセンスを申請する意図を確認する必要があります。

Ineosは、マンチェスター生まれのラドクリフが60%所有しています。 彼は一連のM&Aによって会社を設立し、世界第2位の化学会社を設立しました。

 

 

The Sunday Times Rich Listによると、ラトクリフは210億ポンドの資産があるという。 彼は最近、報道された400万ポンドの税金請求を避けるために個人資産をモンテカルロに移転したとしてイギリスのメディアで批判された。

https://twitter.com/TeamSky

チームスカイのリーダー、フロームとトーマスはどちらもモンテカルロを拠点とし、チームはフランスの近くにトレーニング拠点を持っています。

 

これから正式に発表があるでしょうけれども、とりあえずの報告としておきます。

 

コメント