ロードバイクの情報を発信しています!

USA Cycling、KELLY CATLIN 基金の設立を発表

海外情報
Photo: Brad Kaminski | VeloNews.com
この記事は約3分で読めます。

USA Cyclingは、 Kelly Catlin Fundの設立を発表しました。

この基金は、2016年3月8日に亡くなった2016年オリンピック銀メダリストおよびスリータイム世界チャンピオンであった米国サイクリングナショナルチームメンバーのKelly Catlinのために設立されました。

これらの基金は、Catlinの家族と協議後に決定されるプログラムまたはサービスに充てられます。

 

Photo: Brad Kaminski | VeloNews.com

ケリーの父、マーク・カトリンは、次のように述べています。

「彼女は娘であり、姉妹であり、友人であり、チームメイトであり、学者であり、サイクリストであり、ミュージシャンでありアーティストである。

この基金を通じて、ケリーの遺産が存続し続けることを願っています。」

アメリカサイクリングナショナルチームの一員として、2016年、2017年、および2018年に3回の世界選手権団体追抜きで優勝。

2016年のリオオリンピックでは銀メダルを獲得。2017年と2018年のUCIトラック世界選手権の個人追抜きでも銅メダルを獲得。

またカトリンは、ラリーUHCサイクリングのプロ女子チームの一員としてレースをし、昨年のアメリカのクリテリアム選手権で2位になっています。

Cycling: 31st Rio 2016 Olympics / Track Cycling: Women's Team Pursuit FinalsPodium / Team UNITED STATES (USA)/ Sarah HAMMER (USA)/ Kelly CATLIN (USA)/ Chloe DYGERT (USA)/ Jennifer VALENTE (USA)/ Silver Medal / Celebration /Rio Olympic Velodrome /Summer Olympic Games / © Tim De Waele

 リオオリンピック表彰台

 

USA Cyclingのトラック持久力コーチであるGary Suttonは、次のように述べています。

ケリーは私たち全員の記録から遠くなることは決してないでしょう。」

 

カトリンは昨年の10月の落車で腕を骨折。脳しんとうを起こした。

それから、1月5日、ケリーはカリフォルニア州マリブでのラリーサイクリングチームのトレーニングライド中にクラッシュしてしまいました。家族には、めまい、吐き気、および光に対する感受性を訴えていたそうです。

彼女はポーランドでのUCIトラック世界選手権への参加から除外されました。 家族との最後の電話の1つで、ケリーは彼女のサイクリングキャリアを終わらせることを考えていたと語っています。

http://www.cyclingnews.com/news/usa-cycling-creates-kelly-catlin-fund/

学業にもトレーニングにも、行き詰ってしまったカトリン。脳しんとうによる後遺症で自分がコントロール出来ていないことを家族にも話しています。

エリート選手の精神的な問題は、これまでも多くあります。基金については、家族との話合いとなりますが、こうした精神的問題を抱えたスポーツ選手のために使われていくのかもしれません。

このような問題が起こらないように選手の精神的バックアップが出来るシステムが構築されると良いと思います。

あらためて彼女の冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました