ロードバイクの情報を発信しています!

チームイネオスのチームバスやサボートカーがエコテロリズムの犠牲に

海外情報
Photo by Candice Seplow on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

なんと、チームイネオスのチーム車両6台が、大きな被害を受けている。

場所はベルギーのDeinzeで、チームの車両が駐車してあったデトン通りのツアーレーシングビルで起こった。

すでに成人の容疑者4人は捕まっている。

ほとんどの被害は、スプレー缶で落書きがされているが、これでは乗れるものではないだろう。

 

被害の様子はこちら

 

チームイネオスのスボンサーである、イネオスはヨーロッパ最大のプラスチック生産者の1つであり、様々な抗議活動の標的となっている。

車両には、INEOS WILL FOLL!  と書かれており、アントワープ港にイネオスが建設している新しい化学プラントに抗議していることを示している。

今回の犯行を行ったグループがどこの所属なのかはわかっていない。

スカイから、イネオスにスポンサーが変わった時点で、このような具体的な被害が出たのは初めてのことだ。

イネオスが初めてレースに出場した2019ツール・ド・ヨークシャーでは環境保護論者の水圧破砕防止グループが、チームを標的として抗議すると言っていたが、結局は数十人の抗議で終わっている。

まあ、今回も選手がケガをさせられたとかではないので良かったけど。今後、起こらないことを願っておきたい。

 

チームイネオスが抱える、環境問題については以下で記事にしているので参考までに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました