ロードバイクの情報を発信しています!

タディ・ポガチャルはロンド・ファン・フラーンデレンを補うと語る

海外情報
Photo credit: wwilliamm on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

タデイ・ポガチャルは、2022ツール・ド・フランス総合2位を除いては、ほぼ完璧なシーズンを過ごしたと言っても良い。

ポガチャルはインタビューで、来シーズンの目標について語っている。

春のモニュメントから8月の世界選手権まで、野心に満ちた2023年のカレンダーの最大の目標は、3度目のツール・ド・フランスのタイトル獲得であることを認めている。

また、モニュメントではロンド・ファン・フラーンデレンを補うこともターゲットの一つとしているようだ。

 

スポンサーリンク

ツール3度目の制覇に

 

タディ・ポガチャルは、取材に対して2023ツール・ド・フランスを最優先し、ジロ・デ・イタリアのデビューは後回しにすることを確認している。

 

「今年の2位の後、来シーズンの目標はツールを取り戻すことだ。

そのため、いつマリアローザに挑戦できるかわからない。大好きなレースで、僕を魅了する。でも、事情があって、ツール・ド・フランスを優先することになったんだ。

大きなレースに勝つことができた前シーズンと同じような成績を残せたらうれしい。もちろん、目標はツールに再挑戦することだが、それは簡単なことではない。」

 

やはり、ツールのコースを見てタディ・ポガチャルは決めているようだ。UAE Team Emiratesとしても、タディ・ポガチャルの3度目の制覇のために大きく補強もしている。

 

ロンド・ファン・フラーンデレンを補う

こちらは2022ロンド・ファン・フラーンデレンのゴールの様子

 

2022年、タディ・ポガチャルはロンド・ファン・フラーンデレンに初めて出場した。このレースでは、レースメイクをして、残り17kmからマチュー・ファンデルプールと逃げる。

二人のスプリントで決着かと思われたのだけど、上記動画のようにディラン・ファンバーレとヴァランタン・マデュアスに追いつかれる。

タディ・ポガチャルは、最終的に4位に落ち着かなければならなかった。

 

ポガチャルは、現代のグランツールチャレンジャーの定義を書き換えている。グランツールまでを調整レースとするのではない。

24歳の彼は今年もモニュメントやワンデーレースを次々と制し、ストラーデビアンケでは大きな単独勝利を上げた。

 

また、最後のイル・ロンバルディアでは2連覇を達成している。石畳のモニュメントへの復帰は、ポガチャルにとって今後のカレンダーにある多くのワンデイの優先事項のひとつとなっている。

獲得できるモニュメントの一つとしてターゲットに定めているようだ。

 

「ロンド・ファン・フラーデレンでの4位を補いたいという思いがある。また、イタリアのレースを欠場することはありえない。

ミラノ~サンレモはまだ勝てていないので、もう一つの目標となる。

そして、スコットランドで開催される、2023年の世界選手権は、夏にレインボージャージが手に入るという斬新さもあり、いいチャレンジになると思う。」

 

2023年の世界選手権は「メガワールド」と呼ばれ、8月3日から13日までグラスゴーで13の種目が開催される。

 

タディ・ポガチャルは、結局全てのレースをターゲットにするつもりのようだ。

モニュメントもイル・ロンバルディアを2年連続制覇。2021リエージュ〜バストーニュ〜リエージュを制覇しているので、残るは3つだ。

そのうえ、世界選手権も取ってしまうと何もかも制覇することになる。

欲張りだが、獲得できる可能性はとても高い。モニュメントでは、まずはロンド・ファン・フラーデレンを狙ってくる。

タディ・ポガチャルから目が離せない来シーズンとなりそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました