ロードバイクの情報を発信しています!

Astana Qazaqstan Teamがアンドレイ・ツェイツとグレブ・ブリュセンスキーと契約更新

海外情報
Photo credit: ciclismovavel on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

Astana Qazaqstan Teamがチームの二人と契約更新の発表。

  • アンドレイ・シェイツ 35歳 1年契約
  • グレブ・ブリュセンスキー 22歳 1年契約

二人共、地元カザフスタンの選手。アンドレイ・シェイツはAstanaの大ベテランだ。

 

スポンサーリンク

アンドレイ・ツェイツ 1年契約

 

2008年からアスタナに所属。2020年から2年間だけTeam BikeExchangeに所属。2020年は手術などもあり、ブエルタ・ア・アンダルシアしか出場できない時期もあった。

2022年にチームに復帰して、完全復活している。キャリアでは、グランドツアーに19回出場。チームの主要選手だ。

主な成績を紹介すると

  • 2011 ツアー・オブ・ターキー 総合2位
  • 2011 クリテリウム・ドーフィネ 総合15位
  • 2012 ツール・ド・ランカウェイ 総合8位
  • 2014  ツール・ド・ハイナン 総合3位
  • 2015 ツール・ド・ハイナン Stage8優勝 総合2位
  • 2016 リオデジャネイロオリンピック ロード8位
  • 2017 アジア選手権チームタイムトライヤル 優勝
  • 2019 クロ・レース 総合4位
  • 2022 ジロ・デ・シチリア 総合9位
  • 2022 モンヴァントウ・チャレンジ 8位
  • 2022  ルート・ドクシタニー 総合10位
  • 2022 ツール・ド・ランカウェイ 総合10位

 

総合力は高く、2019ジロでは総合26位。2018世界選手権ロード22位など実力は素晴らしいものがある。

2022ツール・ド・フランスでは、アレクセイ・ルチェンコの総合8位を山岳でアシストしながら、自らも総合38位でゴールしている。

今シーズンは、短いステージレースではエースとしての走りを見せている。まだまだ、走れる35歳の大ベテランだ。

 

グレブ・ブリュセンスキー 1年契約

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Brussenskiy Gleb(@brussenskiy.18)がシェアした投稿

 

グレブ・ブリュセンスキーは、2021年からチームに所属。2年目の今シーズン、アジア選手権U23ロードで優勝。

これがプロ初勝利となっている。上記のインスタグラムの写真が優勝した時のもの。

カザフスタン選手権ロードでも3位となっており、カザフスタンの中心選手としていく選手となりそうだ。プロ3年目に期待と言った感じか。

 

Astana Qazaqstan Teamで契約のないライダーは

Astana Qazaqstan Teamで契約が取れていないライダーは以下の通り。

  • エフゲニー・フェドロフ
  • ミケーレ・ガッゾーリ
  • セバスティアン・エナオ 7月31日で引退
  • ワジム・プロンスキー
  • クリスティアン・スカローニ

 

このうち、ミケーレ・ガッツォーリは鼻スプレーでドーピング違反となり、出場停止。意図していない接種だったならば、可哀そうな結果だ。

 

そして、INEOS Grenadiersから移籍していた、セバスティアン・エナオは健康上の理由により、7月31日でキャリアを停止している。

これでAstana Qazaqstan Teamの2023年契約選手は26人となっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました