ロードバイクの情報を発信しています!

ティージェー・ヴァンガーデレンが落車した理由と、ケガの様子

海外情報
Image by skeeze from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

ツール・ド・フランスを盛り上げてくれる選手が一人、ツールから去ってしまった。

第7ステージがスタートして、わずか7km地点でティージェー・ヴァンガーデレン(EF Education First)が落車。

顔面から血を流しながらも、ゴールまでたどりついた。

しかし、チームは金曜日の夜に、彼のケガは深刻過ぎるために継続できないと発表された。

ティージェー・ヴァンガーデレンが落車した理由とは?

 

スポンサーリンク

落車した理由

 

EF Education Firstの医師は、フィニッシュラインで直ちにティージェー・ヴァンガーデレンを検査し、レントゲン技師によるX線検査が必要であると判断した。

レントゲン検査ではティージェー・ヴァンガーデレンが手の指を骨折していることを確認した。

 

EF Education Firstのメディカル責任者Kevin Sprouseは、次のように述べている。

「レントゲン検査を受けた。複数箇所の擦過傷に加えて、中手骨の付け根に骨折があることが判明した。
副木をあてがわれており彼は、ステージ8をスタートしません」

 

 

足、手、顔に血を流してステージを終えたティージェー・ヴァンガーデレンは、明らかにツールを去ることに失望し、自分以外には誰も責任がないと付け加えた。

「クラッシュは個人的なミスの結果だ。紙のようなものが巻き込まれているのを見たので、下を見た。それで、中央分離帯のポールに当たってしまった。

私には非難する人はいません。私のせいで誰もけがをしないことを本当に願っています」

 

つまり、前を見ていない一瞬の間に中央分離帯のポールに当たってしまったようです。
 

第1ステージからイエロージャージを獲得した、マイク・テウニッセン(Team Jumbo-Visma)も倒れたが、彼のケガはなかった。
 

ティージェー・ヴァンガーデレンは、2017年にクリスフルーム(Team Sky)に次いで総合2位となったリゴベルト・ウランの山岳での重要なアシストになるとされていた。

また、マイケル・ウッズと共に山岳でのステージ優勝の可能性もあったのだ。

 

リゴベルト・ウランとマイケル・ウッズは、どちらも表彰台を獲得し、ステージを勝ち取ることさえできる。

さらにツアー全体を勝ち取ることさえも可能だ。それに貢献するために走っているのはやりがいがあった。でも、こんなことも起きるんだ」

 

photo:Luca Bettini

 

チームCEOのJonathan Vaughtersは、このような状況でライダーがツールを離れるのを見るのは決して良いことではないと語った。

レースディレクターと話をした後、骨折した骨に継続的なダメージを与え続けるのよくないと判断した。
他のライダーの安全も考慮しないといけない。180人のライダーと一緒にレースをするとき、手の役割は重要だ」

 

ティージェー・ヴァンガーデレンは、マイケル・ウッズと共にツール・ド・フランス前に、6時間の山岳トレーニングをしていたのに残念。

 

こちらは、第7ステージのハイライト
Tour de France 2019 Stage 7 Highlights: Belfort – Chalon-Sur-Saone | GCN Racing

 

ティージェー・ヴァンガーデレンの乗るタイムトライヤルマシン。タイムトライヤルも走りたかったでしょうね~

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました