ロードバイクの情報を発信しています!

ジュリオ・チッコーネがTrek-Segafredoと契約延長 来シーズンはニバリに学ぶ

海外情報
photo:Luca Bettini
この記事は約5分で読めます。

Tour de Franceイエロージャージに袖を通している、ジュリオ・チッコーネがTrek-Segafredoから契約延長を手渡された。

発表はジュリオ・チッコーネがツール・ド・フランス第6ステージを2位で終えて、イエロージャージを獲得した後24時間以内にされた。

ジュリオ・チッコーネにとっても、チームにとってもタイミングがいいですね。

 

スポンサーリンク

ジュリオ・チッコーネ

ツール・ド・フランスStage6   photo:Luca Bettini

 

ジュリオ・チッコーネはBardiani-CSFで3年走った後に、今シーズンからTrek-Segafredoに移籍した。

彼は5月にGiro d’Italiaを駆け抜け、山岳賞獲得とステージ1勝。

山岳が得意なジュリオ・チッコーネは第1ステージからバイクチェンジしてマリア・アッズーラ(山岳賞)を獲得したのだ。

 

初めての、プロツアーステージでジロを走ったチッコーネは、まさかツール・ド・フランスにも出場出来るとは思っていなかったようだ。

 

今大会初めて迎えたツールの山岳ステージ。

この第6ステージで、彼はディラン・トゥーンス(Bahrain Merida)に続いて2位でゴール。

2級山岳シュヴレール峠に設定されたボーナスタイム8秒が明暗を分け、ジュリアン・アラフィリップからマイヨ・ジョーヌを奪いとることが出来た。

 

ボーナスタイムがなければ、2秒差でジュリアン・アラフィリップがマイヨをキープしていたのだ。
積極的に走っていたジュリオ・チッコーネの頑張りの賜物だ。

 

ワールドプロツアー1年目で、ジロの山岳賞、そしてマイヨ・ジョーヌ獲得となればチームも彼を手放す訳にはいかない。

 

 

チッコーネの契約期間は2年だったが、2021年シーズンの終わりまで契約延長された。

「Trek-Segafredoとの契約を更新できたことはとてもワクワクしています。私にとって大きな家族のようなチームで本当に楽しんで走っている。

Giroの後、興味を持ったチームが何人かいた。

でも、チームにいて経験を積みたい。山岳ではリッチー・ボートをサポートするためにツール・ド・フランスにやってきた。

このジャージをできるだけ楽しむことを試みるが、焦点はリーダーであるリッチーにある。

できるだけ彼を助け、守るために最善を尽くします」

 

Trekは来年のために、ヴィンチェンツォ・ニバリを迎える。

 

Trek-Segafredoとしては、チッコーネの未来のためにグランドツアーでニバリからの膨大な経験を学ぶことが出来ることを願っている。

「私たちは彼の才能を信じているのでサインしました。
ネオプロとしてジロ・デ・イタリアでステージを勝ち取った彼をそれ以来ずっと追ってました。(2016 Giro d’Italia   Stage 10 )

今シーズン、ジュリオはすでに大きな一歩を踏み出したが、彼にはまだ大きな改善の余地があると確信している。彼の限界がどこにあるかを知りたいと思っている。

私たちは彼と一緒にいます」

とTrek-SegafredoのゼネラルマネージャーLuca Guercilenaはコメントした。

 

 

Trek-Segafredoは来シーズン、ヴィンチェンツォ・ニバリがリーダーとなれば

  • リッチー・ボート
  • バウケ・モレマ
  • ジュリオ・チッコーネ

がアシストに回れる。

強力なチームとなるだろう。

ジュリオ・チッコーネは将来に向けて、タイムトライヤルを強化すれば総合系ライダーとして活躍できるようになるかもしれない。

山岳での何度も繰り返されるアタックは見ていてワクワクする。

まだ、24歳なので将来に向けて期待が大きくなった。今後の山岳での走りに注目しておきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました