ロードバイクの情報を発信しています!

TREKのジュリオ・チッコーネがジロ・デ・イタリア山岳賞を獲得した方法とは

海外情報
https://racing.trekbikes.com/
この記事は約5分で読めます。

ジロ・デ・イタリアのオーブニングステージでは、ラストの2.1キロの登りをそのままタイムトライヤルバイクで登る選手が大半でした。

 

これには、UCIが独自にバイク交換をする場所を指定したことも理由の一つです。
  1. 場所の指定 サンルーカの麓の鋭角右コーナー手前50m
  2. チームカーに搭載したスペアバイクに乗り換えること
  3. 再スタートのメカニックの押しは10mまで

 

これでは、デメリットのほうが多いと判断するのが普通ですよね。そのデメリットは

乗り換えるデメリット
  • 平地からのスピードが完全になくなる。
  • 搭載したパイクを取るのに時間がかかる
  • 10~15秒タイムロスする

 

トレック・セガフレードは何人かのライダーがバイク交換を選択。見事に目的を達成したのが昨年も山岳賞2位を獲得したジュリオ・チッコーネでした。

 

スポンサーリンク

ジュリオ・チッコーネはエモンダにチェンジ

https://racing.trekbikes.com/stories/trek-segafredo-men/ciccone-in-blue

ジュリオ・チッコーネ

ジュリオ・チッコーネは、昨年も何度もアタックして山岳賞を目指しました。

しかし、フルームに17ポイントの差で敗れてしまったのです。彼とチームは綿密に計算して、最初の5.9kmまでをタイムトライヤルバイクのスピードコンセプトで走破。

5.9km地点からの2.1kmを軽量な山岳仕様のトレック エモンダに乗り換えたのです。

彼の計算は、見事に当たり6分1秒でカバー。優勝したプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)をわずかに上回りました。

 

「山岳賞ジャージは、私とチームにとってのゴールでした。 登る前にÉmondaにチェンジすることを選択。私はできるだけ速く走った。気分が良く、うまくいった。今日はチームにとっても私にとっても良い日です」

 

第2ステージでも、果敢に逃げにのったジュリオ・チッコーネはマリアアッズーラのポイントを積み重ねています。

 

https://twitter.com/TrekSegafredo

 

マリアアッズーラ 山岳賞
1位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)21pts
2位フランソワ・ビダール(フランス、アージェードゥーゼール)6pts
3位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィズマ)4pts

Giro d'Italia 2019 | Highlights Stage 1

 

 エースのモレマもバイクチェンジで成功

https://racing.trekbikes.com/

バウケ・モレマ

エースのモレマは、ステージ優勝者のプリモシュ・ログリッチ(Jumbo-Visma)から39秒遅れで9位でフィニッシュ。

 

「それは私にとって正しい決断でした」

とチームのウェブサイトで報告。

 

「私たちは毎週それについて考えました。TTバイクと比較してロードバイクでより多くのパワーを生み出すことが出来ると思ったのです。

バイクチェンジには10秒かかると思います。さらに登る手前100mで交換しなければならなかったので、15秒タイムロスするのもわかっていた。

私はUCIによる決定を不服に思ってました。過去には望む場所でバイク変更することができましたが、今回は理想的ではない時点で変更されました。このような登りには、ロードバイクのほうがパフォーマンスがあがります。

今日は、力もあり、気分も上がりました。TTには満足しています。変更するのは私にとって正しい決断でした。トップ10に入っているので、それは私にとって良い結果だと思います」

TREKとしてはモレマも9位。ジュリオ・チッコーネも山岳賞ジャージを手に入れることが出来たので大成功の滑り出しです。

チームのバイクチェンジの判断も正しかったと言えますね。

 

マッテオ・モスケッティ

ちなみに、スプリンターのマッテオ・モスケッティはそのままマドンのスピードコンセプトで登りをクリアー。とても辛そうに登ってます。

スプリンターこそ、変えたほうが登りやすいと思うのは私だけでしょうか?

 

Trek-Segafredo ジロ出場メンバー

  1. マッテオ・モスケッティ(Matteo Moschetti)スプリンター23歳
  2. ミヒャエル・ゴグル(Michael Gogl)ルーラー26歳
  3. 二コラ・コンチ(Nicola Conci)クライマー22歳
  4. ジュリオ・チッコーネ(Giulio Ciccone)クライマー25歳
  5. ジャルカ・ブランピッラ(Gianluca Brambilla)パンチャー32歳
  6. バウク・モレマ(Bauke Mollema)クライマー33歳
  7. マイケル・イリサル(Markel Irizar)ルーラー39歳
  8. ウィル・クラーク(Will Clarke)TTスペシャリスト34歳

 

ジロ・デ・イタリア 第2ステージ ハイライト。

Giro d'Italia 2019 | Stage 2 | Highlights

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました