ロードバイクの情報を発信しています!

アルベルト・ベッティオルの乗るCannondale SuperSix Evo

https://road.cc/content/tech-news/263686-tour-de-france-pro-bike-cannondales-brand-new-supersix-evo-belonging-tour機材情報
この記事は約7分で読めます。

新型のCannondale SuperSix EVOが発表される前に、クリテリウム・ドーフィネで実践投入されていた。

 

キャノンデールは、ツール・ド・フランスの直前にCannondale SuperSix EVOを発表。

クリテリウム・ドーフィネの時には、塗装がグレーのままだったり、ベールにつつまれていた。

今回は、EF Education Firstのレースバイクを詳しく見ることが出来た。

バイクは、ツール・ド・フランドルの覇者アルベルト・ベッティオルのものです。

 

スポンサーリンク

Cannondale SuperSix Evo

アルベルト・ベッティオルは、今年好調。

石畳のツール・ド・フランドルを制した。E3 BinckBank Classic (1.UWT)4位。
ツール・ド・フランス第1ステージでは12位。

タイムトライヤルも強く、クラシックも強い。

ツールではチームのティージェー・ヴァンガーデレンやリゴベルト・ウランなどをアシストすることになる。

 

新しいCannondale SuperSix EVOは、こちらの動画でじっくりと見ることが出来ます。

 

デザインは、伝統的な外観を引き継ぎ、チューブカットとドロップステーを採用したエアロ最適化フレームが採用されている。

新しいシートポストとタイヤクリアランスの向上とともに、快適性も向上させている。

https://road.cc/content/tech-news/263686-tour-de-france-pro-bike-cannondales-brand-new-supersix-evo-belonging-tour

SuperSix EVOはディスクブレーキまたはリムブレーキの選択が可能。

 EF Education Firstチームのトラックを見てみると、2つのブレーキシステムがかなり均等に見られる。

SystemSixエアロバイクも同様にラックアップされていたので、明らかにライダーはフレームだけでなくブレーキも選択することが可能となっている。

 

https://road.cc/content/tech-news/263686-tour-de-france-pro-bike-cannondales-brand-new-supersix-evo-belonging-tour

アルベルト・ベッティオルは180cmで、54cmのフレームに乗ることを選択。

 

これは、プロがサイズの小さいフレームに乗って必要なサイズの低いスタックを作成。
それから、長いステムを取り付けてサドルをレール上にスライドさせて目的のリーチを得るという傾向に沿ったものです。

 

なるほど~。最近のプロの長いステムには、こういう理由があったんですね。

 

https://road.cc/content/tech-news/263686-tour-de-france-pro-bike-cannondales-brand-new-supersix-evo-belonging-tour

フレームは異なるブランドからのコンポーネントの選択でドレスアップされている。 Shimano Dura-Ace Di2シフター、ブレーキ、ディレイラーを使用。

キャノンデール独自のHollowgram SiSL2クランクセットにはFSAチェーンリングが装着されている。アルベルト・ベッティオルは11〜30tのカセットと組み合わせた53 / 38tの組み合わせを選択している。

小さいチェーンリングと広い範囲のカセットは珍しい。

しかし、このツールでは同様のセットアップの2、3のプロバイクが見つかった。

 

どうして11~30tが必要なのでしょうか?

それは今年のツール・ド・フランスの厳しい山岳ステージのために、軽いギアを選択することを目的としている。

 

https://road.cc/content/tech-news/263686-tour-de-france-pro-bike-cannondales-brand-new-supersix-evo-belonging-tour

Power2Maxが装着されている。バッテリーを保護する大きなゴム製のカバーが見られる。

 

https://road.cc/content/tech-news/263686-tour-de-france-pro-bike-cannondales-brand-new-supersix-evo-belonging-tour

FSAのVisionブランドは、チームにハンドルバーとステムを提供し、ライダーは幅広いオプションから選択することができる。

アルベルト・ベッティオルのバイクにはSL-Kステムとカーボンファイバー製のK-Forceハンドルバーが取り付けられており、ステムの長さは130mm、ハンドル幅は420mm。

 

https://road.cc/content/tech-news/263686-tour-de-france-pro-bike-cannondales-brand-new-supersix-evo-belonging-tour

Visionは、Vittoria Corsa 26mm幅タイヤを装着したMetronカーボンファイバーチューブラーホイールを提供している。

 

https://road.cc/content/tech-news/263686-tour-de-france-pro-bike-cannondales-brand-new-supersix-evo-belonging-tour

統合は新しいSuperSix Evoの重要な部分だった。

すべてのケーブルとホースを新しい拡大ヘッドチューブに配線するツーピースのハンドルバーとステムを設計した。

しかし、リムブレーキの場合には、Visionハンドルバーとステムはこの内部配線を冗長にするので、Cannondaleはプラスチックカバーで穴を塞いでいる。

 

https://road.cc/content/tech-news/263686-tour-de-france-pro-bike-cannondales-brand-new-supersix-evo-belonging-tour

サドルは、Prologo。アルベルト・ベッティオルが使用しているのは、Nago Evo。

PrologoはCPC Airingと呼ばれるCPC(Connect Power Control)技術の開発で、以前よりも大きな衝撃吸収性と気流を提供すると言われている。

 

https://road.cc/content/tech-news/263686-tour-de-france-pro-bike-cannondales-brand-new-supersix-evo-belonging-tour

サドルは、後ろに配置されている。それは今年のツールで多くのプロバイクで気づいたこと。

 

ライダーがより小さなフレームサイズにステップダウンしているという証拠となる。

ポジション測定がずれないように、チームメカニックによって適用された2つのマークを見ることもできる。

 

アルベルト・ベッティオルの感想は、

  • 以前のバイクよりも速くて固い
  • 以前のバイクのほうが快適に感じる

と言っている。

快適さが向上されてないのは、軽くて固くなったことが関係ありそうです。快適でないということは、振動などが伝わりやすいのかもしれないですね。

 

Cannondale SystemSix EVOフルバイク仕様

https://www.bikeradar.com/features/pro-bike/tour-de-france-bikes/

  • フレームセット: Cannondale SystemSix EVO  54cm
  • フロントブレーキ: Shimano Dura-Ace R9150
  • リアブレーキ: Shimano Dura-Ace R9150
  • ブレーキ/シフトレバー: Shimano Dura-Ace R9170
  • フロントディレイラー: Shimano Dura-Ace R9150
  • リアディレイラー: Shimano Dura-Ace R9150
  • カセット: Shimano Dura-Ace R9100
  • チェーン: Shimano Dura-Ace R9100
  • クランクセット: Power2Maxパワーメーター、53/38、Cannondale Hollowgram SiSL2クランク
  • ホイールセット: Metronカーボンファイバーチューブラーホイール
  • タイヤ: Vittoria Corsa、チューブラー26mm
  • ハンドルバー: K-Forceハンドルバー  420mm
  • ハンドルバーテープ: Prologo
  • ステム: SL-Kステム 130mm
  • ペダル: Shimano Dura-Ace R9100
  • サドル: Prologo   Nago Evo
  • シートポスト: Cannondale SystemSix
  • ボトルケージ: Tacx Ciro
  • コンピューター: Garmin Edge 520

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました