ロードバイクの情報を発信しています!

TREKのリッチー・ポートが新型SRAMをツール・ド・フランスでテストしている

https://road.cc/content/tech-news/263506-spotted-sram-prototype-red-etap-axs-chainsets-regular-size-chainrings 機材情報
この記事は約4分で読めます。
リッチー・ボートのTrek Emondaに、標準のSRAM Red eTap AXSチェーンセットよりも新しいセットを装備して走っているのがツール・ド・フランスで確認された。

SRAMは2019年のツール・ド・フランスで

  •  Team Katusha Alpecin
  •  Trek – Segafredo

2チームをサポートしている。

どちらのチームも、アメリカの最新のRed eTap AXS 12スピードディスクブレーキグループセットを使用している。

Trek~ Segafredoだけが、今まで見たことのない新しいクランクをいくつか使用。

これは、SRAMが新しいギア比をテストしていることを示唆している。

 

https://www.bikeradar.com/reviews/components/groupsets/groupset-road/sram-12-speed-red-etap-axs-hrd-review/?image=1&type=gallery&gallery=1&embedded_slideshow=1

通常のRed eTap AXS 12

新しいRed eTap AXSグループセットの開発は、別のスプロケットを追加することだけではなく、ギア比に対するまったく新しいアプローチを導入しているようだ。

カセットの小さい10tスプロケットはSRAMがチェーンリングのサイズを減らすことを可能にした。

その場合、フロントは50 / 37tになる。

50×10のそのトップギアは131.50ギアインチに相当する。

比較のために、従来の53×11は126.76インチ。 言い換えれば、SRAMの新しいグループセットは、通常のグループセットよりも高いトップエンドを提供していることになる。

 

SRAM

SRAMのギアリングの範囲

しかし、何らかの理由で、リッチー・ボートを含むTrek-Segafredoのライダーの何人かが、標準外のチェーンセットを装着して走っているのが発見されている。

観察できたことが2つある。

1つ目は、それが間違いなく大きなチェーンリングだということだ。53​​tだと思われるが、拡大写真では、いくつかの歯はリッチー・ボートの足によって隠されている。

 

https://road.cc/content/tech-news/263515-five-cool-things-tour-de-france-elite-trek-pro-look-and-cadex

 

グループセットがすでにより高いトップギアを提供している場合、なぜ彼らはより大きなチェーンリングを望んでいるのでしょうか?

それは単に、実証済みの機器とギア比を固執することを好むプロのケースであるかもしれない。

プロが新しい技術を採用する場合、りスク回避的も考えなくてはいけない。

それは効率と関係がある可能性がある。

簡単に言うと、チェーンは歯数の少ないスプロケットほど回転しないため、ドライブトレインの効率は一般的に大きなスプロケットと大きなチェーンリングを使用することで改善されます。

 

しかし、それはどれほどの違いを生むのでしょうか?

SRAMは、彼ら自身の実験室で効率をテストし、そして違いがそれほど心配する価値すらないほど小さいとわかったと言った。

しかし、Human Power Technical Journalは、次のように述べている。

 

https://www.bikeradar.com/features/pro-bike/tour-de-france-bikes/

プロのサイクリングの世界では、たとえそれが1〜2ワットの違いであっても、SRAMの市販のチェーンセットからの逸脱を正当化するのに十分かもしれません。

他の観察は、このクランクセットが通常のRedクランクセットのようなワンピースのデザインではないということです。

それはチェーンリングに統合されたパワーメーターを持っています。 つまり、ロット全体を交換せずに、どちらか一方を交換することはできません。

 
https://road.cc/content/tech-news/263662-spotted-new-bontrager-xxx-shoes-tour-de-france
 

この段階で私たちがわかることは、もっと柔軟性を持ち、チェーンリングを交換できるようにすること、それが新しいクランクセットが提供する意味であると推測できます。

テストしているSRAMにはクランクアームに統合された、Quarq Dzeroパワーメータが中央にあります。

SRAMは新型のテストに対してコメントを控えてます。

 

より良い製品を求めるのはプロとして当然ですね。
新しい情報が入れば、また記事にしたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました