ロードバイクの情報を発信しています!

ハーレーダビッドソンの電動バイク Serial 1シリーズが登場

機材情報
Photo by Austin Neill on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

モーターバイクのハーレーダビッドソンは2021年3月より、レトロスタイルの電動自転車ブランド、Serial 1 CycleCompanyを立ち上げる。

最初のSerial 1シリーズは4つの新しいモデルで展開される。

ハーレーダビッドソンが作る、電動バイクを見てみよう。

 

スポンサーリンク

RUSH/CTY SPEED

こちらはプロモーションビデオ。
Introducing RUSH/CTY SPEED from Serial 1, Powered by Harley-Davidson.

Speedと名がつく、この電動バイクはラッシュスピードアシストを使うと時速45km/hまでスピードが出る。

すべてのSerial1 e-bikeは、Brose S-Magミッドドライブモーターを利用し、90Nmのトルクで250Wの電力を提供。

 

photo Harley-Davidson

レトロ調で、どことなくハーレーダビッドソンを感じさせるデザインですね。

すべてのSerial1バイクには、EnvioloAutomatiqリアハブのおかげでオートマチックシフトも含まれている。

ハブは、ライダーがシフトする必要をなくす連続可変ドライブ比を提供し、ライダーを常に理想的なギア範囲に保つと言われている。

Rush Speedの価格は4,999ドル(約52万円)で、2021年夏に納品される予定。

 

RUSH/CTY

Introducing RUSH/CTY from Serial 1, Powered by Harley-Davidson.

RUSH/CTYは、最高スピードが違うだけ。形は全く一緒だ。

バイクにはわずかに小さい529Whの内蔵バッテリーが搭載される。

 

photo Harley-Davidson

価格は4,399ドル(約45万円)。予約受付中で納期は2021年春の予定。

 

RUSH/CTY STEP-THRU

photo Harley-Davidson

こちらはステップスルーになっており、女性でも気軽に乗れるようになっている。

 

photo Harley-Davidson

それぞれのバイクには、フロントラックとリアラックの両方、統合された照明が装備。

さらには小さなツールキットや同様のアイテムを収納するためにロックできる「グローブボックス」がダウンチューブに装備されている。

価格は4,399ドル(約45万円)。予約受付中で納期は2021年春の予定。

 

MOSH / CTY

Introducing MOSH/CTY from Serial 1, Powered By Harley-Davidson

ビデオでは、階段も駆け降りているので結構頑丈に作られているのがわかる。

 

photo Harley-Davidson

こちらには、フェンダーとラックがない。

価格は、3,399ドル(約35万円)で予約受付中。2021年春に配達予定。

 

今の所、アメリカと欧州のみの販売予定。今度日本でも販売されるのかは未定。

日本の場合には、20km/hまでにスピードが制限されているので仕様変更しないと走れない。

しかし、それにしても流石にハーレーダビッドソン。電動バイクと言いながらも結構な価格で出してきた。それでも売れるんでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました