ロードバイクの情報を発信しています!

マイケル・マシューズがジロで勝利した129gと軽量なCadex Ampサドル

機材情報
Photo credit: ciclismovavel on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

Cadexは、新しいロードバイクサドル、Cadex Ampを発売。

長さ245mm、幅145mm のこのモデルは一体型カーボンレールを備え、軽量な129g。

Team Jayco AlUlaのマイケル・マシューズは、2023ジロ・デ・イタリア第3ステージでCadex Ampのプロトタイプで勝利をおさめている。

それ以来、マイケル・マシューズはずっとCadex Ampを使用している。

 

スポンサーリンク

Cadex Amp

こちらはプロモーションビデオ

 

Cadex Ampは、より普遍的なフィット感を生み出すために、「坐骨サポートを向上させる」という人間工学に基づいた後部のカーブと、ペダリングクリアランスを改善するために作成されたサイドカーブとクラウン形状を備えている。

これらが連携してライダーをサドルに押し戻すのに役立ち、その結果、強力で空力的なライディング ポジションが得られる。

 

アドバンスドフォージドコンポジットベースは、翼にある程度の柔軟性を持たせてパワー伝達のバランスをサポートするように設計されている。

切り詰められたノーズのデザインも、太ももの内側のペダリングの干渉を減らすように設計されており、最高の自転車サドルのすべてに考慮されている役割を果たしている。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CADEX Cycling Japan(@cadexcycling_jp)がシェアした投稿

 

レース指向のサドルは、当然のことながらパフォーマンスを重視。つまり、空力的に強化されたパワフルなライディング ポジションを促進するだけでなく、快適性も求められる。

ここでも、Ampの複合ベースとカーボンレールが役割を果たしている。レールアタッチメントをライダーの座骨との主な接触点から離して配置することで、「従来のサドル構造に共通する」圧力点を緩和し、路面のガタつきを軽減するのに役立つという。

もちろんパッドはサドルの快適さに不可欠な役割を果たしている。アッパーに直接組み込まれた Cadex の高弾性「パーティクル フロー」パッドと「リアクティブ フォーム」のブレンドを使用している。

これらを組み合わせることで、ライダーの体重をサドルのより広い領域に均等に分散し、振動を軽減することができる。軟部組織領域への圧力を軽減するために大きな中央のカットアウトを使用している。

 

Cadex Amp spec

  • 重量: 129g
  • 長さ: 245mm
  • 幅:145mm
  • スタック高さ: 44mm
  • レール材質: 7x9mm オーバルカーボン
  • シェル: 高度な鍛造複合テクノロジー
  • パッド: 統合されたパーティクルフローを備えた軽量反応性フォーム
  • 価格: 41,800円
スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました