ロードバイクの情報を発信しています!

タデイ・ポガチャルはマイヨのために不吉な計画を立てる

海外情報
Photo by Ali Tareq on Unsplash
この記事は約5分で読めます。

タディ・ポガチャルは、ツール・ド・フランスの最終週を楽しみにしている。

21歳の若者は、イエロージャージのプリモシュ・ログリッチに40秒のタイム差をつけられており、邪悪な計画を持っている。

黄色を巡る戦いは、まだまだ先の話だ。でも、どうやって? 言えない、それではもうサプライズにはならないから。

 

スポンサーリンク

最強軍団と戦う

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Longest stage done ✅ tomorrow 🤔💥 🏔 @uae_team_emirates @dmtcycling @sciconsports @met_helmets @colnagoworld #ridetogether #uaeteamemirates #tdf

Tadej Pogačar(@tadejpogacar)がシェアした投稿 –

 

ポガチャルは、経験豊富な同胞の背後に立つ集団と戦わなければならないことを知っている。

ユンボ・ヴィズマは、今シーズン最強のチームであり、今回のツール・ド・フランスでも最強のチームだ。

でも、私たちは自信を持っている。先週に続き、まだ脚に十分な力が残っていることを期待して、じっくりと時間をかけていきたいと思う。それは、新しい攻撃で再び秒単位で勝つために必要なことだ。

 

ステージでの勝利について

 

第15ステージのグラン・コンビエへの登りではタディ・ポガチャルがプリモシュ・ログリッチに最後のスプリントで競り勝った。

だが、ポガチャルはプリモシュ・ログリッチに許されたとは思っていない。

彼はパリでのイエロージャージを欲しがっている、私もそうだ。

普通ならば、勝たせないだろう。ステージが終わった後は、すべての制約のために話す時間があまりない。彼は私を祝福してくれた。最後まで正々堂々とした戦いになると思う。

 

プリモッシュは友達だし、いい関係だけど、コース上では勝ちたいと思っている。それはサイクリングだが、お互いに尊敬し合っている。

彼は強くて良いライダーとして、私にインスピレーションを与えてくれる。しかし、彼を倒すことができる場合は、私はすべての機会をつかむだろう。

ログリッチェはもうステージウィンをあまり気にしていない。最終的に誰が一番になるのかが問題だ。

 

また、ポガチャルは第7ステージで失った1分21秒に対してあまり気にしていない。逆に攻撃するチャンスが生まれたから。タイムロスがなければ、おそらくステージ優勝もなかっただろう。

 

プリモッシュに挑戦出来るのは自分だけ

Team UAEはダビテ・フォルモロとファビォ・アルを失っている。ファビオ・アルはブエルタも制しており、フォルモロも2019イタリアチャンピオンだ。

 

二人のクライマーを失ったUAEはユンボ・ヴィズマを倒すことが難しいことを知っている。

 

それは非常に難しいことになるだろう、特に水曜日のコル・デ・ラ・ローズで。

そのゴールをチームと一緒に調査した。良い一日ならば、タイムを奪うことが出来る。だが悪い日ならば、そこで30分を失う可能性がある。

すでに2人の強いクライマーを失ったが、チームは私をサポートできることを示していくれた。最終週に向けて準備をして、この難しい戦いの中でベストを尽くしたいと思う。

今のところユンボ・ヴィズマを攻略できている人はいないようですね。プリモッシュに挑戦できるのは私だけだ。

 

プリモシュ・ログリッチが試走したのは、第17ステージのコル・デ・ラ・ローズのゴールだ。

第17ステージ photo letour

22kmに及ぶ超級山岳の登り前には、マドレーヌ峠もある。いかに最後の決戦に備えて力を蓄えておくかが鍵となる。

もし、落車、パンクなどで遅れてしまった場合、アシストの少ないUAEは一気にピンチとなるだろろう。

UAEは休息日のコロナテストでは全員陰性だった。あとはアルプスのステージで戦うだけだ。

タディ・ポガチャルの邪悪な計画は、いつ繰り出すのか? 最後の決戦が始まろうとしている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました