ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第15ステージ 休息日前に大きく総合が動く

海外情報
Photo by Federico Tasin on Unsplash
この記事は約9分で読めます。

第14ステージの個人タイムトライヤルで、総合1位のアルメイダはステージ6位となり更に総合上位勢からタイム差を稼ぎ出した。

 

だが、今日は休息日前の本格的な山岳コース。間違いなく総合上位勢は攻撃をしかけてくるだろう。

アルメイダは56秒のタイム差で、総合首位を守れるかな?

 

スポンサーリンク

第15ステージ リボルト~ピアンカヴァッロ 185KM

ジロ第15ステージ photo giroditalia

リボルト空軍基地から、スタートするとすぐになだらかに登り始める。2級山岳が3回登場するコースを走り切っても、最後には長い1級山岳が現れる。

 

1級山岳 Piancavallo

総合勢の争いは最後の1級山岳で行われる。登坂距離14.3kmで平均勾配7.9%。中盤には14%となる勾配も現れる。

最後まで残れるのは誰だろうか?

 

スタートではイタリア空軍の曲技飛行隊が見事な飛行を見せてくれる。

 

逃げは11人

2級山岳Sella Chianzutan (登坂距離9.6k・平均勾配5.6%)を前に逃げ集団は11人。集団とのタイム差は残り122kmで6分44秒のタイム差。

 

珍しい光景。二人もメディカルカーに捕まって治療を受けている。

 

逃げ集団は、トーマス・デヘントがチームメイトのマシュー・ホームズと共に先頭を引く。集団とは5分30秒のタイム差。

イネオスはローハン・デニスが逃げに乗っている。

 

ローハン・デニス登りでトーマス・デヘントを置いていく。

 

集団とは3分のタイム差。逃げ切れるだろうか?

 

ローハン・デニスは残り13.4kmで1分37秒のリード。これは逃げ切りは難しい。デニスの足も重たそうだ。

ローハン・デニスは残り6.5kmでつかまる。

 

総合はジェイ・ヒンドリーの引きで大きく動く。

 

4人まで減った先頭から、残っていたアルメイダもついに切れてしまう。

 

先頭は3人。

  1. 165. タオ・ゲオゲガンハート(Tao Geoghegan Hart)INEOS Grenadiers
  2. 181. ウィルコ・ゲルデルマン(Wilco Kelderman)Team Sunweb
  3. 185. ジェイ・ヒンドリー(Jai Hindley)Team Sunweb

Team Sunwebが二人おり、圧倒的に有利。特にウィルコ・ゲルデルマンはアルメイダとのタイム差を一気に縮める大チャンスだ。

 

アルメイダはラスト2.9kmで40秒のタイム差。今日でマリアローザから転落か~。

 

ニバリは、大きく遅れた。ここに総合3位のペリョ・ビルバオ(Bahrain McLaren)もいる。ヤコブ・フグルサングはなんとか、このグループに追いつく。

 

ジョイ・ヒンドーは本当に強い。一人で最後まで引き続けた。アルメイダとのタイム差は一人で稼ぎ出した。

 

最後は、スプリント力のあるタオ・ゲオゲガンハートが勝利。ローハン・デニスの逃げを見事に生かせたと言っても良いだろう。

これで、タオ・ゲオゲガンハートは一気に総合4位まで浮上。チーム力を考えると再び総合を狙える位置まで上がってきた。

 

ジョアンン・アルメイダは37秒遅れでゴール。なんとか15秒ほどのリードで2回目の休息日にはいることが出来た。

やはり、登りでの粘りは素晴らしい。普通ならばもっとタイム差がついていてもおかしくない展開だった。

次の第16ステージは丘陵ステージなので、もう少しマリアローザを着ていられそう。

 

こちらはステージハイライト
Giro d'Italia 2020 | Stage 15 | Highlights

 

レースリザルト

第15ステージリザルト

RnkRiderTeamTime
1 Geoghegan Hart TaoINEOS Grenadiers4:58:52
2 Kelderman WilcoTeam Sunweb0:02
3 Hindley JaiTeam Sunweb0:04
4 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step0:37
5 Majka RafałBORA – hansgrohe1:22
6 Konrad PatrickBORA – hansgrohe1:29
7 Knox JamesDeceuninck – Quick Step1:36
8 Bilbao PelloBahrain – McLaren,,
9 Fuglsang JakobAstana Pro Team,,
10 Nibali VincenzoTrek – Segafredo,,
11 Masnada FaustoDeceuninck – Quick Step1:38
12 Pozzovivo DomenicoNTT Pro Cycling1:54
13 Pedrero AntonioMovistar Team,,
14 Pernsteiner HermannBahrain – McLaren,,
15 McNulty BrandonUAE-Team Emirates2:43

 

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step 59:27:38
22 Kelderman WilcoTeam Sunweb0:15
310▲7 Hindley JaiTeam Sunweb2:56
411▲7 Geoghegan Hart TaoINEOS Grenadiers2:57
53▼2 Bilbao PelloBahrain – McLaren3:10
66 Majka RafałBORA – hansgrohe3:18
75▼2 Nibali VincenzoTrek – Segafredo3:29
87▼1 Pozzovivo DomenicoNTT Pro Cycling3:50
99 Konrad PatrickBORA – hansgrohe4:09
108▼2 Masnada FaustoDeceuninck – Quick Step4:12
114▼7 McNulty BrandonUAE-Team Emirates4:29
1212 Fuglsang JakobAstana Pro Team5:07
1313 Pedrero AntonioMovistar Team8:14
1414 Knox JamesDeceuninck – Quick Step8:55
1515 Pernsteiner HermannBahrain – McLaren9:30

ジョイ・ヒンドリーが一気に3位に。11位だったタオ・ゲオゲガンハートが4位にジャンプアップ。

 

ポイント賞

nkPrev▼▲RiderTeamPnt
11 Démare ArnaudGroupama – FDJ221
22 Sagan PeterBORA – hansgrohe184
33 Almeida JoãoDeceuninck – Quick Step90
44 Ulissi DiegoUAE-Team Emirates77
55 Ganna FilippoINEOS Grenadiers66
66 Konrad PatrickBORA – hansgrohe56
77 Pellaud SimonAndroni Giocattoli – Sidermec50
811▲3 Vendrame AndreaAG2R La Mondiale49
919▲10 Kelderman WilcoTeam Sunweb40
108▼2 Ballerini DavideDeceuninck – Quick Step40

 

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPnt
12▲1 Visconti GiovanniVini Zabù – KTM118
21▼1 Guerreiro RubenEF Pro Cycling87
33 Ganna FilippoINEOS Grenadiers48
433▲29 Geoghegan Hart TaoINEOS Grenadiers45
54▼1 Castroviejo JonathanINEOS Grenadiers45
65▼1 Caicedo Jonathan KleverEF Pro Cycling40
76▼1 Pellaud SimonAndroni Giocattoli – Sidermec39
813▲5 Kelderman WilcoTeam Sunweb34
97▼2 Holmes MatthewLotto Soudal32
1047▲37 Dennis RohanINEOS Grenadiers28

コメント

タイトルとURLをコピーしました