ロードバイクの情報を発信しています!

2019世界選手権 英国代表決定 ゲラント・トーマスはロードとタイムトライヤルに出場

海外情報
Image by Shirley Hirst from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

英国代表の男子エリートロードの発表が行われた。

チームイネオス一色となりかけたメンバーには、アダム・イエーツが入っている。

注目されていたゲラント・トーマスはロードとタイムトライヤルに出場となった。

 

スポンサーリンク

英国男子エリートロードメンバー

子供たちを使った面白い発表方法を使って楽しませてくれている。

 

Great Britain
スタートリスト
  • オウェイン・ドゥール(Team INEOS)
  • タオ・ゲオゲガンハート(Team INEOS)
  • イアン・スターナード(Team INEOS)
  • ベン・スウィフト ( Team INEOS)
  • ゲラント・トーマス( Team INEOS )
  • アダム・イエーツ ( Mitchelton-Scott )

英国は、ポイント数で10位から落ちてしまい、8人から6人にメンバーが縮小された。

そのために、メンバーの選出が遅れていた。

 

  • サイモン・イエーツ( Mitchelton-Scott )
  • ルーク・ロウ(Team INEOS)
  • ヒュー・カーシー(EF Education First)
  • クリス・ローレンス(Team INEOS)

彼らは、選出されなかった。なんとレベルの高い国なんでしょうねえ~。

チームイネオスがいるので当然と言えば当然ですけど。

ゲラント・トーマスはツール・ド・フランスでの総合2位となって以来、レースには出てますが、パッとしない成績。

カナダのモントリオールでのワールドツアーレースはDNF。タイムトライヤルも、自分の調子が悪くて10位くらいにしかなれないのならば、出場しないと言ってました。

出るからには、表彰台を狙いたいと。出場するということは、調子も上がってきたのかもしれない。

ロードは期待出来そうもないけれども、タイムトライヤルは表彰台に登れるかもしれないですね。

 

タイムトライヤルはアレックス・ダウセットとGが出場

タイム・トライヤルは英国TTチャンピオンのアレックス・ダウセットとゲラント・トーマスの出場が決定。

アレックス・ダウセットはTeam Katusha Alpecinですが、チームの存続が問題となっいる。

(このアレックス・ダウセットのツイートは見てたら目がまわる~)

Team Katusha Alpecinは、数日中にイスラエル・サイクリングアカデミーとの合併が発表される見込みとなっており、一応2020年の契約を結んでいるアレックス・ダウセットは残留出来そうです。

アレックス・ダウセットは、2015年に当時のローハン・デニスのアワーレコードを446m上回り、52.937kmの新記録を作っている。

Highlights #UCIHourRecord AlexDowsett – May 2015

 

英国チームは強力なチームですがロードでは、どこまで先頭集団に残れるのかが問題となりそう。

英国ロードチャンピオンのベン・スウィフトは怪我から回復して好調なので期待しても良いでしょう。

 

英国チームは、母国での開催なので是非表彰台を目指したい所です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました