ロードバイクの情報を発信しています!

2022 クリテリウム・ドーフィネ第7ステージ  ワウト・ファンアールトは選択ではなかったと

海外情報
Photo by ANIRUDH on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

クリテリウム・ドーフィネ第7ステージでは、カルロス・ベローナ(Movistar Team)がプロ初優勝を飾った。

 

彼は唯一の逃亡者として生き残り、素晴らしいソロの後、プリモシュ・ログリッチに追いつかれなかった。

ワウト・ファンアールトは、リーダーでスタート。

だが、クロワ・ド・フェール峠の最後の数キロでパスしなければならず、イエロージャージをブリモッシュ・ログリッチに譲ることになった。

 

スポンサーリンク

ワウト・ファンアールト

 

スタート直後にガリビエ峠があり、正しいフライトに入るのはかなり困難なことが予想された。

何度もアタックがあり、ガリビエ峠の下りで18人の先頭集団が形成された。この日2つ目のアルプスの巨峰、クロワ・ド・フェール峠の山頂では、5人が残るだけに。

ワウト・ファンアールトは集団にいたが、クロワ・ド・フェールの最後の数キロで遅れてしまう。

完全に崩壊して、イエロージャージに別れを告げた。ワウト・ファンアールトは最終的にステージ優勝のカルロス・ベローナから14分遅れの64位でゴールした。ワウトは、グリーンジャージを守り続ける。

 

ゴール後のインタビューでワウト・ファンアールトは

走れてうれしい。Groupama – FDJがペースを上げたとき、僕にはハードだった。クロワ・ド・フェールでトラブルがあったら、全力を尽くす意味がないと思ったからだ。

なぜなら、最後の登りでもう一度手を離さなければならないからだ。

 

リーダージャージを手放すのは正しい決断だったのですか?

そんなことはない。手放すしかなかったのだが、手放せたことがとても嬉しかった。でも、その後はもうレッドゾーンに入らないと決めて、ダメージを抑えようとはしなかった。

明日はアシストですか?

明日はチームのために自分の仕事をする。これからは総合優勝を目指さなければならないので、エネルギーを使うのは間違いない。

 

ワウト・ファンアールトが耐えきれていたから、リーダーは変わらなかったかもしれない。だが、遅れてしまえばチームは強いライダーを優先する。これは仕方のないことだ。

 

ログリッチ「ステージ優勝はそれ自体が目標ではない」

YouTube動画より

 

ついに総合トップに立ちました。

このステージを楽しむことができた。最終的には完璧にやり遂げた。ステージ優勝は今日の目標ではなかったが、もちろんステージでも勝ちたかった。しかし、カスロス・ベローナはこの勝利に値する。

チーム内の役割分担はどうなりますか?

黄色がチームに残れば、誰が総合優勝してもいいんだ。明日の最終ステージがどうなるかは未知数だ。 すでに最終段階で様々な経験をしているので、慎重なままだ。

 

ヨナス・ヴィンゲコー

YouTube動画より

 

ヨナス・ヴィンゲゴーはプリモシュ・ログリッチにレッドカーペットを敷き、自身もランキング2位となった。

 

我々の計画は完璧に実行された。今日ここで見せたものには満足している。

体調も良かったし、ブリモッシュ・ログリッチもとても強かった。私たちの計画は完璧に実行された。

チームと一緒にツールに向けて順調に進んでいると思う。

 

最後の山岳でプリモッシュ・ログリッチ、ヨナス・ヴィンゲコーに対抗できるクライマーはいなかった。AG2R Citroën Teamのベン・オコナーが抵抗を見せたがツールではどうなるか。

最強のクライマー、タデイ・ポガチャルとの対決が待っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました