ロードバイクの情報を発信しています!

クリテリウム・ドーフィネで山岳賞のピエール・ロランが新型KTMに乗っている!

機材情報
Photo credit: Laurie Beylier on VisualHunt.com
この記事は約2分で読めます。

B&B Hotels – KTMのベテランライダー、ピエール・ロラン。

現在クリテリウム・ドーフィネで山岳賞トップを快走中で連日逃げに乗っている。Team Europcarで新城幸也とチームメイトだったことは何度か記事にしている。

35歳となった今でも、山岳では強さを発揮してますね。

このピエール・ロランが乗っているのが新型のKTMだ。

 

スポンサーリンク

新型KTM REVELATOR ALTOか?

 

B&B Hotels – KTMは、2015年までプロ選手と活躍したジェローム・ピノーがチーム代表となり、2018年に誕生している。

チームの機材サプライヤーは、オートバイでも有名なオーストリアブランド、KTM。

チームは3台を使い分ける。

  • 軽量オールラウンダーのREVELATOR ALTO
  • エアロロードのREVELATOR LISSE
  • TTバイクSOLUS

 

現在のドーフィネ山岳賞のリーダーであり、連日逃げにのる並外れた存在であるピエール・ロランは、新しい未確認のKTMでレースをしている。

新しいフレームの詳細はわからず、UCIリストにも表示されていない。

 

上記拡大写真

 

より深いヘッドチューブ、ドロップされたシートステー、そして全体にエアロプロファイルされた形状を備えている。

以下に、これまでのKTM Revelator Altoの動画があるので比べてみると変化しているのが良くわかる。

フレームは完全に再設計された感じだ。

 

ちなみにこれまでのKTM Revelator Alto 2021は以下のような形状

 

ビエール・ロランは、VisionのMetron統合コックピットを採用しており、新しいフレームがFSAのACR内部ケーブルルーティングシステムを利用していることを示唆している。

各ブランド共に、一体型コクピット、フレームのエアロ化など進めてますね。クリテリウム・ドーフィネで走るピエール・ロランを注目して見ておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました