ロードバイクの情報を発信しています!

2022 クリテリウム・ドーフィネ第7ステージ 超級山岳でワウト・ファンアールトが~

海外情報
Photo credit: rbrands on VisualHunt.com
この記事は約17分で読めます。

クリテリウム・ドーフィネも週末を迎えて山岳ステージがやってきた。

まずは、超級山岳ガビリエ峠、テレグラフ峠を越えて、クロワ・ド・フェール峠に続く。

ここまで、総合ではワウト・ファンアールトが1分3秒をリードしている。チームメイトのプリモッシュ・ログリッチは、100%でないと言っており、リーダーはこのままワウトとなるだろう。

強力なJumbo-Vismaのアシスト陣は、リードを保てるだろうか?

 

スポンサーリンク

第7ステージ     サン=シャフレ~ヴォジャニー  134.8km

コースプロフィール photo criterium

 

コースは135kmと短いが超級山岳を二つ越える。最後の2級山岳もラスト4kmは勾配が9%を下回らない。総合勢は、ここで決戦を行うかもしれない。

さて、誰が最後に残っているだろうか?

 

  1. スプリントポイント   Le Monêtier-les-Bains
  2. 超級山岳  ガビリエ峠  23km・5.1%
  3. 超級山岳   クロワ・ド・フェール峠   29km・5.2%
  4. 2級山岳  ヴォジャニー  5.7km・7.2%

 

スタート前

TIZ-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

第6ステージの4賞。

  • 総合 ワウト・ファンアールト Jumbo-Visma
  • ポイント賞 ユーゴ・ページ Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux
  • 山岳賞 ピエール・ロラン B&B Hotels – KTM
  • 新人賞 イーサン・ヘイター INEOS Grenadiers

なお、クリス・フルームが2日前から調子が悪くDNS。今後の予定は、6月14日のモン・ヴァントゥ・チャレンジに出場する。

昨日ステージで2位となったBORA-hansgroheのヨルディ・メーウスもDNS。

 

18人の逃げ

残り55kmで18人が逃げている。

 

集団はINEOS Grenadiersが引いている。

 

超級山岳   クロワ・ド・フェール峠   29km・5.2%

Jumbo-Vismaのクリストフ・ラポルトが集団を引き始める。

 

先頭はTrek-Segafredoのジャスパー・スティーブンが引いている。チームメイトのケニー・エリッソンドは3分31秒で総合でもタイムが良い。

だがも最も総合タイムが良いのは、Bahrain Victoriousのルイスレオン・サンチェスの2分47秒だ。

 

ケニー・エリッソンドは前のほうに位置している。その後ろは山岳賞のピエール・ロラン。

 

先頭はTeam DSMのマーク・ドノヴァン。約20秒のリードで走っている。

 

先頭から一人ずつライダーが切れていく。UAE Team Emiratesのアンドレス・アルディア。

 

アンドレス・アルディアは、集団に追いつかれる。

 

先頭集団にいたIsrael – Premier Techのオメル・ゴールドスタインは落車して遅れてしまう。カメラに向かって首を振る。

 

Quick-Step Alpha Vinyl Teamのドリース・デヴァイナンスも先頭から遅れる。

 

ワウト・ファンアールトは、現在バーチャルリーダーをルイスレオン・サンチェスに奪われている。

 

マーク・ドノヴァンがつかれてきたか。タイム差が16秒と迫られている。

 

マーク・ドノヴァンは、頂上まで7.3kmで追走に吸収された。

 

集団はUno-X Pro Cycling Teamが引いている。エースのトビアスハラン・ヨハンネセンのためだ。

 

先頭からTrek-Segafredoのジャスパー・スティーブンが切れる。これで先頭は、14人に。

 

先頭からINEOS Grenadiersのアンドレイ・アマドールも切れてしまった。これは集団牽引のために戻るためか。

 

メイン集団からGroupama – FDJのケヴィン・ゲニッツが前に出る。

 

そのまま、Groupama – FDJが先頭を引きだす。ダヴィ・ゴデュのためだ。

 

先頭からMovistar Teamのグレゴール・ミュールベルガーがアタック!

 

グレゴール・ミュールベルガーは4人に追いつかれる。先頭は5人に。

  1. グレゴール・ミュールベルガー Movistar Team
  2. カルロス・ベローナ Movistar Team
  3. ピエール・ロラン B&B Hotels – KTM
  4. ヴィクトル・ラフェ Cofidis
  5. ケニー・エリッソンド Trek-Segafredo

 

頂上まで3.2km。

 

ワウト・ファンアールトが集団後方だ。どうした?

 

先頭からMovistar Teamがまたも攻撃。ケニー・エリッソンドが追う。

 

少し離れたが。

 

また、後続が追いつく。

 

なんと~。ワウト・ファンアールトが遅れてしまう!

 

あ~、完全にクラックだ。どうしたワウト!

 

すでに集団が見えない。誰もアシストがいない。総合トップから脱落だ。

 

先頭は再び5人に。

 

Jumbo-Vismaは、プリモッシュ・ログリッチに切りかえた。

 

BORA-hansgroheのウイルコ・ケルデルマンもメイン集団から切れた。

 

先頭では、ピエール・ロランが超級山岳頂上前に加速。

 

ピエール・ロランが超級山岳頂上をトップ通過。

  1. ピエール・ロラン B&B Hotels – KTM 15ポイント
  2. カルロス・ベローナ Movistar Team 12ポイント
  3. ケニー・エリッソンド Trek-Segafredo 10ポイント
  4. ヴィクトル・ラフェ Cofidis 8ポイント
  5. グレゴール・ミュールベルガー Movistar Team 6ポイント
  6. ケヴィン・ヴェルマーケ Team DSM 5ポイント
  7. シモン・グリエルミ Team Arkéa Samsic 4ポイント
  8. トムス・スクインシュ Trek-Segafredo 3ポイント
  9. ブルーノ・アルミライル Groupama – FDJ 2ポイント
  10. アンドレイ・アマドール INEOS Grenadiers 1ポイント

 

下りからMovistar Teamのカルロス・ベローナがアタック。だが、ピエール・ロランもついていく。

 

Movistar Teamのカルロス・ベローナはぶっ飛ばしている。

 

ビエール・ロランが後続を待っている。

 

下りをぶっ飛ばしていた、ケニー・エリッソンドが先頭のカルロス・ベローナに追いつく。

 

追走は3人に。

  1. グレゴール・ミュールベルガー Movistar Team
  2. ピエール・ロラン B&B Hotels – KTM
  3. ヴィクトル・ラフェ Cofidis

 

残り9.7kmでメイン集団まで1分43秒と迫られている。

 

2級山岳   ヴォジャニー   5.7km・7.2%

いきなり、ケニー・エリッソンドが登りで切れた。

 

Groupama – FDJがピエール・ロランを抜いていく。

 

ケニー・エリッソンドは完全に遅れた。

 

総合2位のマッティア・カッタネオが遅れた。これで総合トっプはプリモッシュ・ログリッチだ。

 

Jumbo-Vismaのステファン・クライスヴァイクも切れてしまう。

 

集団はGroupama – FDJが引く展開。これはプリモッシュ・ログリッチにとっては大助かりだろう。

 

カルロス・ベローナはステージ優勝なるか。残り3.7kmで1分27秒に。登りなのでわからない。

 

EF Education-EasyPostのルーベン・ゲレイロがアタック!

 

かなり引き離した。

 

後ろが見えなくなったが、すぐに追いつかれる。

 

ここで、Jumbo-Vismaのヨナス・ヴィンゲコーがスパート

 

ヨナス・ヴィンゲコーに、ベン・オコナーが張り付く。後ろは、プリモッシュ・ログリッチだ。

 

Bahrain Victoriousの、ダミアーノ・カルーゾ、ジャック・ヘイグが切れる。

 

ヨナス・ヴィンゲコーの引きに総合勢だけが食らいつく。これはJumbo-Vismaの最高の展開だ。

 

ベン・オコナーはついていけるか。

 

カルロス・ベローナは残り2.2kmで55秒差に。サポーカーから檄が飛ぶ。

 

残り1.6kmで36秒に。

 

残り1.5kmでプリモッシュ・ログリッチがアタック!

 

プリモッシュ・ログリッチのアタックに追走は崩壊だ~!

 

もう、プリモッシュ・ログリッチを誰も止められない。

 

カルロス・ベローナは、プリモッシュ・ログリッチから逃げられるか?

 

プリモッシュ・ログリッチの前にカルロス・ベローナが見えてこない。これは逃げ切った。

 

カルロス・ベローナは、ゴール前に単独で帰ってきた。

 

カルロス・ベローナは、プリモッシュ・ログリッチから逃げ切った~!

29歳のペテランライダーは、これがプロ初勝利だ。今年のUAEツアーでは総合6位となっており、山岳に強いクライマーでツールとブエルタに出場が決まっている。

これで、グランドツアーではアシストに徹することが出来るだろう。

 

プリモッシュ・ログリッチは、13秒差の2位でゴール。総合トップへ。ヨナス・ヴィンゲコーは44秒差で総合2位となった。

ヨナス・ヴィンゲコーのアシストが決定的なアタックへとつながった。プリモッシュ・ログリッチは、100%ではないというけど、膝の調子は悪くないようだ。

ただ、ヨナス・ヴィンゲコーは惜しいなあ。同じチームにおいておくのが勿体ない。タデイ・ポガチャルに山岳で唯一強みを見せたほどのクライマーなのだから、違うチームでエースとして戦うと面白いのだけど。

まあ、これも仕方ないことだ。

 

こちらはハイライト動画

 

スポンサーリンク

リザルト

第6ステージ リザルト

カルロス・ベローナのコメント

信じられないよ。プロとして初めての勝利だ。これまで何度も優勝に近づいてきた。勝つためにサイクリストになったので、勝てたときは最高だね。

また、素敵な写真を持って帰れるように。大変な1年だったから、この勝利は感慨深いものがありますね。

幸運にも恵まれた。プリモシュ・ログリッチも来るし、厳しい状況になることは分かっていた。

幸いなことに、パトリシア・ビラ(スポーツディレクター)は的確な情報を与えてくれたので、ストレスはありませんでした。

RnkRiderTeamUCI Time
1
 VERONA Carlos
Movistar Team60
10″
3:53:35
2
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma25
6″
0:13
3
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma10
4″
0:25
4
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team  0:27
5
 JOHANNESSEN Tobias Halland
Uno-X Pro Cycling Team  0:39
6
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost  0:40
7
 GAUDU David
Groupama – FDJ  ,,
8
 MEINTJES Louis
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  ,,
9
 GEOGHEGAN HART Tao
INEOS Grenadiers  0:48
10
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious  0:56
11
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious  ,,
12
 GUERREIRO Ruben
EF Education-EasyPost  1:13
13
 KONRAD Patrick
BORA – hansgrohe  1:19
14
 JORGENSON Matteo
Movistar Team  ,,
15
 VERMAERKE Kevin
Team DSM  1:26
16
 CRAS Steff
Lotto Soudal  1:30
17
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates  1:34
18
 SCHULTZ Nick
Team BikeExchange – Jayco  2:07
19
 HIRT Jan
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  ,,
20
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers 
3″
2:27

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCI Time
13▲2
 ROGLIČ Primož
Jumbo-Visma10
6″
25:22:08
25▲3
 VINGEGAARD Jonas
Jumbo-Visma 
4″
0:44
39▲6
 O’CONNOR Ben
AG2R Citroën Team  1:24
47▲3
 GEOGHEGAN HART Tao
INEOS Grenadiers  1:30
56▲1
 CARUSO Damiano
Bahrain – Victorious  1:32
611▲5
 GAUDU David
Groupama – FDJ 
10″
1:40
717▲10
 JOHANNESSEN Tobias Halland
Uno-X Pro Cycling Team  2:05
88
 JORGENSON Matteo
Movistar Team  2:06
915▲6
 HAIG Jack
Bahrain – Victorious  2:12
1022▲12
 MEINTJES Louis
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux  2:16
112▼9
 CATTANEO Mattia
Quick-Step Alpha Vinyl Team  2:17
1223▲11
 CHAVES Esteban
EF Education-EasyPost  2:19
1313
 KONRAD Patrick
BORA – hansgrohe  2:28
144▼10
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers 
13″
2:43
1521▲6
 GUERREIRO Ruben
EF Education-EasyPost  2:49
1619▲3
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates  3:06
1726▲9
 CRAS Steff
Lotto Soudal  3:45
1810▼8
 KELDERMAN Wilco
BORA – hansgrohe  4:23
1952▲33
 VERONA Carlos
Movistar Team 
10″
4:52
2016▼4
 BAGIOLI Andrea
Quick-Step Alpha Vinyl Team  5:00

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 VAN AERT Wout
Jumbo-Visma88
22
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers74
33
 BOASSON HAGEN Edvald
TotalEnergies46
44
 PAGE Hugo
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux44
55
 ROLLAND Pierre
B&B Hotels – KTM36
66
 FERRON Valentin
TotalEnergies31
77
 BARGUIL Warren
Team Arkéa Samsic30
88
 BAGIOLI Andrea
Quick-Step Alpha Vinyl Team30
99
 VERMAERKE Kevin
Team DSM28
1010
 STUYVEN Jasper
Trek – Segafredo28

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11
 ROLLAND Pierre
B&B Hotels – KTM59
2 
 VERONA Carlos
Movistar Team21
313▲10
 LAFAY Victor
Cofidis19
49▲5
 HUYS Laurens
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux14
5 
 ELISSONDE Kenny
Trek – Segafredo12
72▼5
 VUILLERMOZ Alexis
TotalEnergies8
83▼5
 SCHÖNBERGER Sebastian
B&B Hotels – KTM7
9 
 ARMIRAIL Bruno
Groupama – FDJ7
104▼6
 BARGUIL Warren
Team Arkéa Samsic7

新人賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
14▲3
 JOHANNESSEN Tobias Halland
Uno-X Pro Cycling Team25:24:13
22
 JORGENSON Matteo
Movistar Team0:01
31▼2
 HAYTER Ethan
INEOS Grenadiers0:38
46▲2
 MCNULTY Brandon
UAE Team Emirates1:01
53▼2
 BAGIOLI Andrea
Quick-Step Alpha Vinyl Team2:55
613▲7
 VERMAERKE Kevin
Team DSM4:39
711▲4
 GUGLIELMI Simon
Team Arkéa Samsic4:58
89▲1
 HONORÉ Mikkel Frølich
Quick-Step Alpha Vinyl Team5:41
97▼2
 GENIETS Kevin
Groupama – FDJ9:19
108▼2
 VAN GILS Maxim
Lotto Soudal11:01

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました