ロードバイクの情報を発信しています!

タデイ・ポガチャルを手術した外科医の見たては?

海外情報
Image by 🆓 Use at your Ease 👌🏼 from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュで落車したタデイ・ポガチャル。

その日の内に手術を行って、タデイ・ポガチャルも元気な様子を見せている。

 

手術は、リエージュの病院ではなく120kmも離れたゲンクで行われている。ツール・ド・フランスは7月1日に始まる。

10週間でタデイ・ポガチャルの手首は治るのだろうか?

 

スポンサーリンク

一流外科医が手術

ニュース動画のスクリーンショット以下同様

 

タデイ・ポガチャルの手術を担当したのは、外科医ヨリス・デュアリンクス(Joris Duerinckx)。一流の外科医で、検索するとズラズラと記事が出てくる。

ヨリス・デュエリンクスは、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュをオンラインで見ていたそうだ。

スキャンしたところ、手首の舟状骨骨折が見つかった。

ヨリス・デュエリンクスは以下のようにコメントしている。

手首は8つの骨からなる複雑な関節。舟状骨は、前腕と手の他の部分をつなぐ血管状の骨。手首の関節が正しく機能するために不可欠なものだ。

 

 

通常、このような骨折は手術をしなくても治るが、タデイ・ポガチャルは手術台に乗ることになった。

時には、ピースをうまく組み合わせるために、あるいは骨の血液供給を損なわないために、手術した方が良い場合もある。

手術は滞りなく行われた。タデイはほとんど痛みもなく、その日のうちに家に帰ることができた。

彼自身は非常に冷静で、早期回復に専念している。それが、彼のリハビリを早く開始するために、迅速な手術を選択した理由でもある。

 

そして、彼のリハビリは、すべてのサイクリングファンを心配させる。ポガチャルは7月1日のツールのスタートに間に合うのか?

どんな骨折でもそうだが、自然治癒には時間がかかるので、まだ様子を見るしかない。来週中には、骨の癒合がどの程度進んでいるかスキャンで確認する予定だ。

 

通常、骨折の回復には6週間を要すると言われている。10週間後のツールまで、あと少しというところでしょうか?

ポガチャルはトップアスリートであり、素晴らしい医療体制を持っている。彼は回復の面で最高のカードを持っている。

最高のシナリオでは、彼はツールに間に合わせることができる。舟状骨は特殊な骨なので、スキャンを待つ必要がある。でも、期待通りだと思う。

いずれにせよ、ポガチャルはしばらくの間、バイクを脇に置いておく必要がある。ローラー台でのトレーニングは可能だが、手首に大きな負荷がかかることは、数週間は避けなければならない。

 

タデイ・ポガチャルのレーススケジュールでは、6月14日のツアー・オブ・スロベニアが入っている。順調に進んでも5月下旬までは、手首に負担のかかるトレーニングは出来ない。

さすがに、2週間のトレーニングでスロベニアのレースに出場は難しいのでは。調整レースなしで、ツール・ド・フランスに出場することになるかもしれない。

まずは、来週のレントゲンの結果待ちとなりそうだ。

 

Unhandled Thrown Response!

zou-tour-net-moeten-lukken~1682349562665/

コメント

タイトルとURLをコピーしました