ロードバイクの情報を発信しています!

マーク・カヴェンデッシュがDeceuninck-Quick Stepと契約するかも?

海外情報
Photo by Marc-Olivier Jodoin on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

マーク・カヴェンデッシュは2021年の契約がまだ決まっていない。

ロンド・ファン・フラーンデレンに出場したがDNF。残るレースはドリダーフス・ブルッヘ~デパンヌ(Driedaagse Brugge-De Panne)だけとなる。

ここにきて、Deceuninck-Quick StepのGMパトリック・ルフェーヴルが意味深な発言をしている。

なんと、マーク・カヴェンデッシュと来シーズン契約するかもしれないことを検討していると。

 

スポンサーリンク

契約の可能性

 

マーク・カヴェンデッシュは2013年からOmega Pharma – Quick-Stepに3年間在籍。

2013年20勝。2014年12勝。2015年14勝と活躍。彼が元いたチームに戻りたいと思っているのは事実だ。

現在、Team CCCにNTT PRO cyclingが来シーズン消滅しようとしている。ライダー、メカニック、スタッフと多くの人が次のチームを探している状態。

パトリック・ルフェーヴルの受信メールには、毎日沢山の雇って貰いたいという申請があるという。だが、チーム全体の人数はライダーを合わせて60人となっている。

契約ライダーが30人であとはスタッフ。契約するにも限りがあるということだ。まして、チームは毎年予算について頭を悩ませている。

 

パトリック・ルフェーヴルはマーク・カヴェンデッシュとの契約について答えている。

それはマーク・キャベンディッシュとの決断でもある。彼が我々のチームに戻りたいと思っているのは周知の事実だ。

彼がこのスポーツでチームのために何ができるのか、それについて考えてみた。バイクの他に、若いライダーにとって何を意味するのか?

今は心の中ではイエスと言っているが、心の中ではノーと言っている。いずれにしても、マークと個人的に話をするまでは決断を下すつもりはない。

彼のサイクリングに対するメリット、特に我々のチームに対するメリットは素晴らしいものだ。彼には敬意を払うべき最低限のことだと考えている。

と語っている。

実際に契約出来るか、どうかはわからない。ただ、力のある若手が沢山いるチームでは過去の実績だけでは難しいのではないだろうか?

まあ、成り行きを見守っておこう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました