ロードバイクの情報を発信しています!

サム・ベネットとジェイ・ヒンドレーは同じチームに移籍か?

海外情報
Photo by Aaron Burden on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

サム・ベネットが今シーズン限りでDeceuninck – Quick Stepから去ることは、GMのパトリック・ルフェーブルから報告されている。

 

そして、これまで噂のあった2020ジロ・デ・イタリア総合2位のジェイ・ヒンドレー(Team DSM)も契約が切れ、トレックに移籍という話もあった。

この二人は、どうやら来シーズン同じチームに移籍となりそうだ。

 

スポンサーリンク

サム・ベネットは戻る

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sam bennett(@sammmyben)がシェアした投稿

 

サム・ベネットは6年間在籍したBORA – hansgroheに戻るようだ。これは新しい情報でも伝えられている。

パスカル・アンカーマンは、UAE-Team Emiratesに移籍と伝えられている。UAEではアレクサンダー・クリストフに変わるスプリンターとなる予定だ。

アレクサンダー・クリストフも33歳となり、昨年はツール・ド・フランス第1ステージで勝利を収めたが、それ以降は全く勝利がない。

以前BORAにいた時には、サガン、パスカル・アンカーマンに次ぐ3番目のスプリンターという位置付だったが、仮にサガンとアンカーマンが移籍すれば問題はなくなる。

古巣で唯一のエーススプリンターとなり活躍することだろう。

 

ジェイ・ヒンドレーも移籍

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jai Hindley(@jhindley_)がシェアした投稿

 

トレックとの噂があったジェイ・ヒンドレーはサム・ベネットと一緒にBORA – hansgroheに移籍するようだ。

BORA – hansgroheのGMラルフ・デングは実力のある選手の獲得に積極的だ。以前には、Deceuninck-Quick-Stepを丸ごと買収しようとしていたし。

ジェイ・ヒンドーはTeam DSMから来シーズンの契約延長はないと言われており移籍市場の目玉だった。

TTが弱いので、総合エースとなれるかは疑問だけど、チームの大きな戦力になるだろう。逆にTeam DSMはいいのかな。

チームの顔だった、マイケル・マシューズ、マルク・ヒルシ、ウイルコ・ゲルデルマン、サム・オーメンと今シーズンは放出。

更に、ジェイ・ヒンドレーまで移籍させては、来シーズン以降どうなるのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました