ロードバイクの情報を発信しています!

サガンはBora-​​Hansgroheを離れ、Deceuninck-QuickStepに参加するかも

海外情報
Photo credit: ラルフ - Ralf RKLFoto on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

サガンは今シーズンでBora-​​Hansgroheとの契約は終了する。

それを見越しての発言なのか、ゼネラルマネージャーのラルフ・デングはサガン放出の言葉を臭わせている。

これについて、フランスのレキップ紙が面白い情報を出している。なんと、Deceuninck-QuickStepに移籍するのではないかと言うのだ。

スポンサー問題で消滅の危機にあるチームに移籍とは、どういうことだろうか?
 
スポンサーリンク

スポンサー問題の解決

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Peter Sagan(@petosagan)がシェアした投稿

 

サガンは新しい移籍先を見つけたかもしれない。

GMの発言に対して、必要とされないなら違うチームを探すのみだとコメントしていたサガン。

 

フランスのレキップ紙によると、すでにサガンのマネージャー、ジョヴァンニ・ロンバルディがDeceuninck-Quick-Stepと話をしたというのだ。

これについては、Deceuninck-Quick-StepのGM パトリック・ルフェーブルは否定しているが、契約について話したとは誰も言わないだろう。

 

だが、何故スポンサー問題でチーム消滅の危機にあるDeceuninck-Quick-Stepがサガンを受け入れることが出来るのか?

これにはBORA-hansgroheとDeceuninck-Quick-Stepのバイクスポンサーである、スペシャライズドが大きく関わっているようだ。

毎年サガンには500万ユーロという巨額の年俸が支払われているが、これにもスペシャライズドが大きく関わっている。

BORA-hansgroheのチーム誕生の際にも、スペシャライズドが大きく関与しており、2016年にTinkoffが解散した際に、サガンとチームメイトの16人。及びメカニックやマッサージャーまで引き連れて契約している。

サガンがウルフパックの一員になれば、クラシックでの活躍も期待できる。この3年で6勝という成績だが、チームのアシストさえあればまだまだ活躍出来ることは間違いない。

スペシャライズドにとっても、スターのサガンが移籍してもサボートしたいだろう。更に勝利を重ねるならば、どこのチームでも良い。ウルフパックならば更に目立つのでいうことないだろう。

噂が本当になるか、どうかはDeceuninck-Quick-Stepの存続とも関係してくるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました