ロードバイクの情報を発信しています!

コロナ陽性反応の後、シュヘルデプライスにTrek-Segafredoはいない

海外情報
Photo by Markus Winkler on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

Trek – Segafredoは、コロナウイルスの陽性例を理由に、ベルギーのクラシックレース、シュヘルデプライスから男子チームの登録を抹消した。

これは予防措置らしい。それにしても、ヘント~ウェヴェルヘムに続いて更にレース不出場とはライダーは可哀そう。

 

スポンサーリンク

シュヘルデプライス不出場

Trek – Segafredoは、チーム内で2つの陽性コロナ症例が発生した後、先週の日曜日にヘント~ウェヴェルヘムから撤退していた。

その結果、マッズ・ピーダスンは2020年の勝利を守ることができなかった。

チームはドワルス・ドール・フラーンデレンも出場できないかと当初言われていた。だが、これは最終的にレースをスタートする許可が下りている。

それでも、マッズ・ピーダスンとエドワード・トゥーンス、アレックス・キルッシュは出場出来ず5人で出走。

ドワルス・ドール・フラーンデレンでは、ミラノ~サンレモを征したジャスパー・ストゥイヴェンが第2集団の10位でゴール。

続く、ロンド・ファン・フラーデレンでは、ジャスパー・ストゥイヴェンは4位を獲得。マッズ・ピーダスンもPCR検査で陰性だったので出場したがDNF。

 

だが、4月5日(月曜日)に、チームは水曜日のシュヘルデプライスの男子チームを撤回するという短いプレスリリースを発表。

出場予定だったのは

  1. マッテオ・モスケッティ
  2. クーン・デコルト
  3. ヤコブ・エグホルム
  4. アレックス・キルシュ
  5. エミルス・リエピンズ
  6. ライアン・ミューレン
  7. キール・レイネン

 

レース撤退の理由は?

先週明らかになった陽性のコロナ症例のために、私たちはシュヘルデプライスの予防措置として男子チームを撤退させることにした。

チームは、ブラバンツ・パイル(4月14日)に戻る前に、安全性を高めるために1週間、自宅で隔離したままにする。

クラシック班の出場予定メンバーは自宅隔離となる。何もここまでしなくても、予定メンバーはPCR検査で陰性なので関係ないと思うのだけど~。

チームはバスクカントリーではレースしているが、クラシック班は4月14日までレースはないことになる。レースに出れないとは気の毒だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました