ロードバイクの情報を発信しています!

ミラノ~サンレモは晴れで海岸線では追い風予想 フッリッポ・ガンナの長距離攻撃に期待したい

海外情報
Image by jcataffo from Pixabay
この記事は約2分で読めます。

ミラノ~サンレモは、当初の予想では雨模様だった。

だが、どうやら晴れてくれそうだ。300kmも走るのに雨ではライダーもやってられないでしょう。

しかも、予想では最後の海岸線沿いは追い風が吹くと予想されている。

これはスプリンターに有利になりそうだけど、逃げる場合にも向かい風よりも、追い風のほうが有利ではないかな。

私は、イネオスのフィリッポ・ガンナの長距離攻撃に期待したい。

 

スポンサーリンク

イネオスのメンバー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

INEOS Grenadiers(@ineosgrenadiers)がシェアした投稿

 

 
INEOS Grenadiers


スタートリスト
  • 121 ミハウ・クフィアトコフスキ
  • 122 フィリッポ・ガンナ
  • 123 トム・ピドコック
  • 124 サルヴァトーレ・プッチョ
  • 125 ルーク・ロウ
  • 126 ベン・スウィフト
  • 127 ディラン・ファンバーレ

 

イネオスのエースは、2017年にミラノ~サンレモを制覇し、2019年にも3位となっているミハウ・クフィアトコフスキ。

トロフェオ・ライグエーリアでは落車してしまい、ストラーデ・ビアンケでもDNF。だが、そろそろ落車の影響もなくなっているのではないかな。

ベン・スウィフトも2014年に3位、2016年に2位となっている。

クールネ〜ブリュッセル〜クールネで3位、ストラーデ・ビアンケでも5位となった、トム・ピドコックも初参戦だ。

だが、私が最も期待したいのはフィリッポ・ガンナだ。

昨年のミラノ~サンレモでは74位と5分遅れでゴールしているが、ロードでも長距離攻撃を仕掛けることの出来るガンナならば、面白い走りが出来るのではないかな。

2020ジロ第5ステージのように、逃げグループから攻撃を仕掛けることも出来るはずだ。

特に、海岸線ではとても強い東風が予想されている。例年でも一列棒状でとても速いスピードで走るのが更に速くなる可能性が高い。

追い風ならば、フィリッポ・ガンナにも有利だろう。世界最高のTT能力を持つトップガンナが飛ばしたら、集団でも追いつくのは難しい。今年は非常に速いレース展開となるかもしれない。

スタートから放送は始まるが、ゆっくり走られると7時間を軽く超えてしまうので、自分的には速い展開は嬉しいかも。

逃げグループもガンガンと速いペースで走って貰いたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました