ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールがブラバンツ・パイルで犯した寝むれないほどのミスとは?

海外情報
Image by sreza24595 from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ベルギーで行われたブラバンツ・パイルでは世界チャンピオンのジュリアン・アラフィリップがアルカンシェルの呪いを解いて優勝。

マチュー・ファンデルプールは昨年の優勝から2位となってしまう。

これについてマチュー・ファンデルプールはゴール後のインタビューで大きなミスを犯してしまったと悔やんでいる。

マチュー・ファンデルプールの犯したミスとは何だったのだろうか?

 

スポンサーリンク

今夜は寝れないと言うマチュー

再度、ゴール1キロ手前から見てみよう。何がミスだったのだろう。
Incredible Sprint! Julian Alaphilippe vs Mathieu van der Poel: De Brabatnse Pijl

 

誰もが、昨年と同じようにマチュー・ファンデルプールがスプリントで勝つことを予測していたはず。私もそうだった。

マチュー・ファンデルプールは、2位になった後にこれまでないほどの落胆ぶりを示した。

最後の直線を越えたとき、マチュー・ファンデルプールは、昨年と同じようにスプリントで勝利できると思ったに違いない。

しかし、結果は変わってしまう。

 

普段は絶対にしないミスをしてしまった。今夜は眠れないよ、絶対に。
アラフィフに抜かれた時、私はすでに知っていた。

私はあまりにも長い間待ってしまった。実はこの二人の間で半分フリーになっている時間があった。自分の愚かなミスだ。

マチューは、まさか最終コーナー前にブノア・コズネフロアがスプリントするとは思っていなかった。

動画を見てもわかるが、マチューは一瞬アラフィリップの後ろで足を止めている。これがフリーとなっている瞬間だ。

 

私はコズネフロアと同じようにフェンス際からスプリントするつもりだった。それ自体は問題ではない。

その瞬間に先に進まなかった自分に本当に頭をぶつけることができる。それは大きな間違いだったし、自分自身にとても失望している。

去年はすでにここでスプリントをしていたので、やり方はわかっていた。最後の直線に入った時、ラインを見た時に「近いな」と思った。でもあんな風にヘマをしてしまった自分が許せない。

フランスの2人の対戦相手に対して、安心感がなかったとも言う。

昨年のマチュー・ファンデルプールは先頭を譲らず、フェンス際からスプリントを初めてそのま勝利した。

後ろは、風をうけるのを嫌って前にでなかったのだ。今回は、それをブノア・コズネフロアにやられてしまう。ジュリアン・アラフリツプに抜れたのは予定通りフェンス際によっていたからだ。

それでも、ジュリアンの後ろで足を溜めずにすぐにスプリントを開始していたら、間に合っていただろう。まあ、それよりは最初にスプリントを開始していれば、2人に抜かれることはなかっただろう。

昨夜のマチュー・ファンデルプールは悔しくて寝られない夜を過ごしたに違いない。

 

 

こちらは2019昨年のプランツ・バイルのハイライト。ゴールシーンを比べてみて欲しい。
De Brabantse Pijl 2019 | Full Race Highlights | inCycle

コメント

タイトルとURLをコピーしました