ロードバイクの情報を発信しています!

ミラノ〜サンレモは私にとって絶好なタイミングでやってくる、とワウト・ファンアールトは自信を見せる

海外情報
PexelsのRiccardo Brescianiによる写真
この記事は約3分で読めます。

昨年のディフェンディングチャンピオン、ワウト・ファンアールトは土曜日にミラノ〜サンレモの勝者として成功するだろうか?

Team Jumbo-Vismaのワウト・ファンアールトは、ミラノ~サンレモに対してあらゆる自信を持っている。

ストラーデ・ビアンケで4位、ティレーノ・アドリアテッコでステージ2勝した強力なラインナップは、その気持ちを強めている。

 

スポンサーリンク

効果的な1週間の休養

 

自信と足がたくさんある。サンレモは自分に合ったサーキットだと知っているので、楽しみにしている。

勝ちたい。それがレースに出場する唯一の理由だ。

 

ティレーノ・アドリアテッコでの最終タイムトライアルで優勝し、タデイ・ポガチャル(UAE-Team Emirates)に次ぐ総合2位でフィニッシュしたワウト・ファンアールト。

より良い回復をするためにコースを訪れないことに決めていた。回復に専念した訳だ。

長距離の旅の疲れは上手く抜けたと思う。特に水曜日は疲れたが、毎日体が回復し、苦しまなかった。

休暇をとる人もこの気持ちを知っていると思う。今は休んでいる。

私はおそらく、ティレーノ・アドリアテッコで最高のレベルに近づいていた。数日間の休息の後、ミラノ〜サンレモは完璧なタイミングでやってくる。

レースの高強度ばかりでは疲れがたまってしまう。効果的な1週間の休養によって、絶好なタイミングでミラノに乗り込めているようだ。

超回復というやつか。

 

ライバルについて

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wout van Aert(@woutvanaert)がシェアした投稿

 

2020年のミラノ~サンレモではボッジョの下りからジュリアン・アラフィリップと一緒に逃げて二人のスプリントを制して勝利している。

彼はジュリアン・アラフィリップに大きな敬意を払っている。

ジュリアンは攻撃に適した瞬間を選び、勝つ方法を知っている。

ティレーノで彼が利用した本当のチャンスがあった(第2ステージのこと)。

ジュリアンは非常に危険だ。彼は攻撃を仕掛けるドライバーのタイプだ。彼が頭に何かを持っているなら、彼はそれを実行する。

私は彼と数回戦わなければならなかった。

これまで、ミラノ〜サンレモを2回走ったが、ポッジョで引き離すことができるので、サンレモでグループスプリントを見たことがない。

観客はスプリントだけでなく、逃げて勝つことをはるかに好む。タフなレースは私とマチューにとっても良い。

ワウト・ファンアールトと、マチュー・ファンデルプールはスプリントとなっても勝てる可能性の高いスプリンターでもある。

だが、二人はサンレモでの大人数のスプリントは望まないだろう。是非、二人、いやジュリアンを合わせて3人の攻撃を見たいものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました