ロードバイクの情報を発信しています!

プリモシュ・ログリッチは自らをツール・ド・フランスのお気に入りだと言う

海外情報
Photo Primož Roglič instagram
この記事は約7分で読めます。

プリモシュ・ログリッチは2019年ブエルタ・ア・エスバーニャを獲得。

UCI世界ランキングも1位となり、グランドツアーの最高のスペシャリストとして名乗りを上げた。

彼は、インタビューの中で今年のツール・ド・フランスでは自分が一番優れていると語っている。

トム・デュムランのコンデションが依然として不明の中ではチームのエースはログリッチかもしれない。

 

 

スポンサーリンク

プリモシュ・ログリッチのインタビュー

©Ciclo21

デュムランの第一印象はどうでしたか?  あなたのパートナーであり、ツールでは偉大なライバルの一人になります。

とても前向きな気持ちがあります。彼はとてもいい人で最高レベルのアスリートだ。

彼はとても前向きに貢献してくれる。今シーズンも彼が最高のレベルに到達できることを願っている。

 

トム・デュムランは、チームのプレゼンテーションで、2019年に彼が達成できなかったスポーツレベルに到達することを保証しました。そう思いますか?

それはわからない。真実は多くのレースに勝つことは非常に複雑であるということ。しかし、私はこの種のこと、どこまで行くことができるか、または最高のレベルに達したかどうかについてあまり考えません。

私が望んでいるのは、絶えず改善し続けることであり、そのためにすべてのトレーニングセッションで精力的になっている。改善したいし、他のサイクリストでも同じように考えると思う。

 

 

レース中、最大のプレッシャーがかかった瞬間でさえ、あなたはとても落ち着いてみえます。集中するのはとても難しいと思うけど、それについてどう感じますか?

私たちはトレーニングに懸命に取り組んでいる。したがって、レースは通常喜びを感じる場所であり、私はそれらをとても楽しんでいる。

もちろん、ストレスを感じる日もあるが、それをどのように扱うかにかかっていると思う。人生のすべてのプロットで同じことが起こるし、実際、サイクリングは私の人生のほんの一部です。

 

Photo Primož Roglič instagram

ブエルタ・ア・エスバーニャでの勝利の後、何かを変えましたか?チーム内での自分のポジションの変更に気づきましたか?

そうでもない。勝利は何も変わらなかったと言わなければなりません。

私はただ勝ち続けたいと思っている。目標とするレースで勝てたことはとても嬉しい。次に他の目標や他のレースを探して勝つことに集中する。

 

ツール・ド・フランスとチーム内のリーダーシップを見て、出発点は何ですか?あなたは主要なリーダーになりますか?   それとも責任をデュムランと共有しますか?

それは非常に簡単です。ツールがベストなライダーを決めるでしょう。

まだ、数か月あるからわからないけど、そこに着くまで何が出来るのか、どんな関係になるのか言えない。

私たちがそれを知ったら、皆を最大限に活用するために状況をどのように扱うかを考える時が来る。

 

ツールでは、ステファン・クライスヴァイクも登場します。チームはトライデントの管理において、モビスターと同じ間違いを犯すことを心配していますか?

そうでもない。どういうわけか、私たちはより高いレベルを持っていると思う。

レースに勝つことができたり、何か良いことをしたりできるのなら、それはその状況をうまく処理できたからだと思う。

 

 

2019年に最も成長したチームとしてJumbo-Vismaを指す場合、一般的なコンセンサスがあります。秘密は何ですか?

わからない。 私の観点から、そしてチーム内での自分の立場からそれを見ると、私たちは皆、そのために一生懸命働いたとしか言えない。

もちろん、すべてのチームスタッフも参加した。それは一晩で起きることはないが、長年にわたって適切な措置を講じれば、成功するはずだ。

 

以上のことを念頭に置いて、あなたは自分自身をツール・ド・フランスでの勝利の素晴らしいお気に入りだと思いますか?

はい。

 

自分を大きなお気に入りだと認めることは、サイクリストがプレッシャーを増やすので、通常はしたくないことです。繰り返しますが、これらのことはあなたに影響しませんか?

いいえ、最高の人が勝つでしょう。

私たちは皆、それを手に入れるために戦う。そして、昨シーズンの私の結果を見れば、いくつかのレースに勝ったことがわかる。したがって、楽観的でない理由はないと思う。

 

今年のツールはとても厳しい山岳が待っている。チームには優れた登山家と考えられる人がいると思いますか?

多くのことを得意なライダーが沢山おり、心配していない。

私が改善できる範囲は自分だけなので、私はそれに集中する。100%を与えて限界に達することができれば、私は満足していると感じます。より速く、またはより強い誰かがいることが判明した場合、私は彼と一緒にいられたことを誇りに思うだけで、彼が良くなったことを祝福するだけです。

 

ジロでは非常に悪い瞬間から回復し、3位でフィニッシュすることができました。そのような状況にあることがどれほど重要でしたか?

たくさん。

私は人生で初めてチームの明確なリーダーとしてジロに行った。物事は非常に順調に始まったが、その後多くの問題が発生した。だが、3位でフィニッシュできたことは間違いなく勝利だった。自分に対する勝利。

 

 

あなたはオリンピックで良いレベルになりたいと複数回言っています。あなたが勝利できるのか心配しています。ツアーの最終日まで走り東京に行く?

はい、しかし…皆はそれを心配します!

これらの問題について心配する必要はないと思う。私は一生懸命働くこと、体調を整えること、そして自分の最高の状態にいることに焦点を当てている。

 

あなたは、レースに参加する前に、トレーニングのハードワークの後に喜びがあるといいます。しかし、あなたは自分の感情を人に伝える人ではないようです。ブエルタのレースでは、あなたは本当にレースとその方法を楽しんだのですか?

あなたの言うことは多分正しい。私はレースに少し集中しすぎていた。3週間のレースで優勝したのは初めてで、サイクリングでは毎日多くのことが起こる。

そのため、非常に集中する必要がある。一方で、自転車に余計なものが多すぎることを認識している。正直なところ、サイクリストはプレスとの接触を最小限に抑えたいと考えている。

たとえば、今日は私の休息の日だ。私は毎日トレーニングに励んでいる。私は自転車で死ぬほど走る。だから、今日は休みたいと思う。

どういうわけか、私たちは回復と競争に重点を置いているかもしれないし、実際考えてみると、あなたが思うほどリラックスしていないかもしれない。

それは変えることが出来ると思っているけど、結果は出ているから大丈夫だと思っている。

 

プリモシュ・ログリッチは、自分のことに集中して最高の状態を作り上げることが出来るという自信があるようだ。ツールにはベストの体調で望んでくるはず。オリンピックも狙ってくるだろう。

彼のシーズン開幕はパリ~ニースから始まる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました