ロードバイクの情報を発信しています!

RidleyとEddy Merckxがスポンサーシップ契約解除を検討か?

海外情報
Photo AG2R La Mondiale twitter
この記事は約3分で読めます。

RidleyとEddy Merckxはスポンサーシップ契約を再交渉する。

コロナによる影響で、シーズン終了後にはスポンサーシップ契約を解除する方向で話は進んでいるようだ。

こうなると、現在バイクスポンサー契約しているチームは苦境に立たされることになる。

 

スポンサーリンク

Ridley

photo lotto_soudal instagram

Ridleyに乗っているのはLotto-Soudal。カレブ・ユアンにフィリップ・ジルベール、トーマス・デヘントなどワールドツアーライダーが乗っている。

UCI ProTeam Bingoal Wallonie-BruxellesもRidleyバイクに乗っている。

Lotto-Soudalのスポンサーシップのために、Ridleyはさまざまなロードバイクを提供する必要があるだけでなく、国際的な宣伝費用も支払っている。

CEOは昨年のインタビューで200万ユーロ(約2億3千万円)に達した金額について話している。これはかなりの金額だ。

シクロクロスで活躍しているPauwels Sauzen-Bingoalチームだけが、来年Ridleyのバイクに乗ることができると確信している。契約は2021年の終わりまで実行される。

 

Lotto-Soudalは、現在給料の削減などに取り組んでおり、更にスポンサー問題勃発でピンチを迎えることになってしまった。

 

 

Eddy Merckx

photo eddymerckxbikes instagram

フランスのチームAG2R La Mondialeは、FactorからEddy Merckxに乗り換えて2シーズン。

チームになじんできた頃だったのだけど。

2019ツール・ド・フランス最終戦ではオリバー・ナーセンがスチールバイクで走ってスポンサーに貢献していたけど。

 

Eddy Merckxは2014年に残りの株式を売却しており、現在RidleyのRace Productions NVによって所有されている。

AG2R La Mondialeとは2シーズンの契約だったが、更にオプションで2年の契約も提供されていた。これから話し合いとなるだろう。

 

少し前にコルナゴがアブダビ投資ファンドChimera Investments LLCに売却している。

 

 

そして、Team CCCのバイクスポンサーであるGiantも第1四半期の収益が16%減少したと報告しており苦戦しているバイクメーカーも多い。

逆に店舗販売のないダイレクト販売をしているCANYONなどは収益を伸ばしている。さて、この問題どうなるのだろうか?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました