ロードバイクの情報を発信しています!

エディ・メルクスはレムコを批判したことの釈明 私は彼の大ファンだと

海外情報
Photo credit: Glory Cycles on VisualHunt
この記事は約4分で読めます。

レムコ・エヴェネプールは、2018世界選手権ジュニアロードとタイムトライヤルの2冠を制覇した時から、エディ・メルクスの再来と言われている。

ただ、しばしばメルクスは、レムコに対する批判的なコメントを発することがある。

今年の世界選手権でも、レムコをベルギー選抜メンバーに入れるべきではないと言っていた。これについてレムコは批判に答えていたけど。

 

今度は、メルクスが、世界選手権前に発言したコメントについて釈明をしている。彼の発言の核心について話しているので聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

世界選手権の作戦について

Photo credit: Chris Protopapas on Visualhunt

 

史上最高のサイクリストであるエディ・メルクスは、インタビューを行い、フランダースの世界選手権ロードでレムコ・イヴェネポールに向けた発言について彼の周りで起こったすべての論争を明らかにしたいと考えた。

 

世界選手権の前に、レコムがメンバーに選ばれたことを批判してましたね。レムコに対して実際にはどう思ってますか?

私としては、問題は全くない。私はレムコの大ファンであり、それを明確にしたい。

レムコのボディには、素晴らしいエンジンが搭載されている。このような状況下で、レムコは素晴らしい1年を過ごした。

彼が2020年のイル・ロンバルディアで非常にひどいクラッシュをしたことを忘れてはいけない。すべてが大きく変わっていたかもしれないのだ。

 

世界選手権の走りと戦術について、あなたの考えは?

明らかに彼は元気だった。それは悲しいことだが、その戦術はどうだ?

それは、チーム選びから始まった。ワウト・ファンアールトは唯一のリーダーだが、なぜネイサン・ファンフーイドンクのようなチームメイトを連れて彼をサポートしなかったのか。 それは意味のないことだった。

また、クイックステップから多くの選手を出す必要があったのか?

私はその戦術が好きではなかった。しかし、最大の間違いはレムコだった。もし彼を選ぶのなら、アシストとして扱うことはできない。

それがあの記事に込めた私のメッセージだ。

 

 

もし、レムコがワウト・ファンアールトのために走るのではなく、最後の1kmで足を使ったならば世界チャンピオンになれていたでしょうか?

レムコが世界チャンピオンになっていたかどうかは誰にもわからない。それは何とも言えないが、レムコは最後の30キロを自分で自由に走るべきだった。

そうすれば、彼はワウトを助けることも、自分のチャンスを得ることもできただろう。

 

2021年にはタディ・ポガチャルが素晴らしい活躍をしました。ポガチャルと比較されていることについてどう思っていますか?

世代を比較することはできないし、トラックレコードを比較することしかできない。その点、今年のポガチャルは非常によくやっていると思う。

彼は当時の私に似ていて、同じようなスタイルを持っている。

 

エディ・メルクスは、レムコを世界選手権のメンバーとして連れていくならば、ワウト・ファンアールトと共にエースとして走らせるべきだったと言いたかったのだ。

あくまで、アシストとして使うべきライダーではないと。確かに、レムコは絶好調で最後まで足を残していれば、ジュリアン・アラフィリップとのランデブーになっていた可能性もある。

まあ、タラレバだけど。このエディ・メルクスの発言で、レムコも少しは気分が晴れるのではないかな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました