ロードバイクの情報を発信しています!

タディ・ポガチャルは、私は新しいエディ・メルクスではないと否定

海外情報
Photo credit: Franco Folini on Visualhunt
この記事は約5分で読めます。

目覚ましく活躍するライダーが現れると、史上最高のライダーといわれるエディ・メルクスと比較される。

レムコ・エヴェネプールもエディ・メルクスの再来と言われているけど、二人は意見が合わない。

今度は、タディ・ポガチャルが、エディ・メルクスと比較されている。二人は、ヴェローナのDTM本社で対談したが、ポガチャルはメルクスの記録には届かないと否定している。

エディ・メルクスについては、以下で少し書いているので参考までに。

 

スポンサーリンク

エディ・メルクスはポガチャルを称える

photo Carlo Malvestio

 

あなた方は多くの勝利と、それを家に持ち帰ることのできる明らかな容易さで結ばれています。

ポガチャル :  まったく簡単ではなく、毎回、大きな痛みを伴なう。特にフロントに一人でいる場合は、これがサイクリングであり、とても気に入っている。

メルクス :  これまで何度も『新しいメルクスだ』と言われてきた人がいたが、実際にはそうではなかった。

でも、タデイに関しては、今回は本当にそうだと思う。23歳にして、すでにツール・ド・フランスを2回も制覇しているのですから、すごいことだ。

プロデビュー1年目にしてブエルタで3つのステージを制し、最後のステージではモビスターの選手全員が追いかける中、ゴールまで37kmの地点でアタックしたことから、彼が特別な存在であることはすでにわかっていた。

そして今年のツールでは、ル・グラン・ボルナンへのステージで、1分1秒を争うように、すべての競争相手を破壊した。

ポガチャール:あの日、こんなにタイム差が上がるとは思っていなった。完璧な一日だったし、難しい天候だったからこそ、ハードにプッシュして、1分、2分、3分、4分とアドバンテージを増やしていったんだ。本当に絶好調だった。

 

お互いに言いたいこと、聞きたいことはありますか?

メルクス:私が彼に言えることは、地に足をつけて行動することしか言えない。毎年、ゼロからのスタートとなり、毎年、彼は自分が最も強いことを証明しなければいけない。

しかし、彼はそのことをよく理解しているし、彼の周りには素晴らしいチームがいて、大いに助けてくれているし、細かいところまで面倒を見てくれる。

彼は完成されたライダーで、これまでのような活躍をすれば、ツール・ド・フランスを何度も制覇できるだろうし、もちろんジロ・デ・イタリアも制覇できる。

ポガチャル: 多くの人が私を新しいメルクスだと言ってくれたが、彼が獲得したすべてのものを獲得することは単純に不可能だ。

正直なところ、彼に何を聞いたらいいのかわからないし、むしろ今は少し緊張している。レジェンドと並んでいるのだから……。

 

photo Carlo Malvestio

 

ポガチャルは、メルクスが勝ったものに勝つことが出来ますか?

メルクス: タデイはまだキャリアの始まりで、レースによっては私よりも良い成績を残せると思う。

彼は23歳で、すでに30回のレースに勝ち、そのすべてが素晴らしいものだ。24歳のとき、私はまだツール・ド・フランスを制覇していなかったが、彼はすでに2回制覇している。このスポーツに貢献してくれる偉大なチャンピオンを何年も楽しむことができるだろう。

ポガチャル: エディは総合的なライダーで、あらゆるところで勝利を収めている。彼のように7回はおろか、ミラノ・サンレモを1回勝つのも難しいでしょう。

でも、先のことは考えないほうがいい。この瞬間、この夢の年を楽しみたい。今後、何度か悪いシーズンを迎えるかもしれないし、何度か優勝するかもしれないから、メルクスに到達することを考えないほうがいい。

勝つことはもちろん好きですが、負けることも受け入れることができる。たとえそれがスロベニアでのクリテリウムであっても、参加するすべてのレースで自分の足跡を残したいと思っている。でも、それはすべてのライダーの本質だと信じている…。

 

ジロ・デ・イタリアでタディを見ることができるのはいつですか?

メルクス: 彼は、来年か2年後かわからないが、いつかは必ず行くだろう。でも、それも勝ち取るのは時間の問題だと思いますが…。

ポガチャル: ジロが大好きです。私の母国であるスロベニアのすぐ近くを通ることが多いレースなので、子供の頃から見ていた。トリエステのスプリントでメズゲッツが優勝したとき、本当に歓喜したのを覚えている。

その日以来、私はピンクのジャージを夢見てきた。でも、遅かれ早かれスタート地点に立つことになるでしょうし、勝つために頑張ります。

 

タディ、まだ夢はありますか?

ポガチャル: もちろんです。今年のオリンピックでは3位だったので、もう一度行って金メダルを獲りたいですね。でも、世界選手権でも優勝したいと思っている。そしてジロ。ブエルタもね。

 

エディ、タディには弱点はないの?

メルクス :  私はそうは思わない。彼には偉大なチャンピオンのメンタリティとプロフェッショナリズムがあり、それがあれば弱点はありません。

 

エディ・メルクスは、タディ・ポガチャルをすでに後継者として相応しい人物だと思っている。ケガさえなければ、タディ・ポガチャルがグランツールのみならず、モニュメントも世界選手権も取ってしまうことは想像に難くない。

私達は、偉大な歴史を作るライダーをリアルタイムで見ているかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました