ロードバイクの情報を発信しています!

エディ・メルクスの1969ツール・ド・フランス前の1週間の練習内容とは?

海外情報
Photo Yuzuru Sunada
この記事は約4分で読めます。

史上最強のロードレーサーと呼ばれるエディ・メルクス。

16年の競技生活で525勝。ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアを5回制覇。

ブエルタも1回優勝。出るレース全てを勝たないと気が済まない彼はレーサー仲間から人食い「ザ・カニバル」と呼ばれていた。

現在のようにパワーメーターや心拍系などあるはずもなく、一体どのようにトレーニングしていたのか気になりますよね。

彼の1969年ツール・ド・フランス前の練習を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

エディ・メルクス

Photo eddymerckxbikes instagram

エディ・メルクスは、史上最強のライダーとも言われカンピオニッシモ」の称号ももつ。

長い自転車の歴史の中でも「カンピオニッシモ」と呼ばれているのは、エディ・メルクスとファウスト・コッピだけである。

カンピオニッシモとは
チャンピオンの中のチャンピオンのこと 伊:Campionissimo

 

同一年度内にツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアの両方を制する「ダブルツール」を1970年、1972年、1974年の3回も達成。

1974年はさらに世界選手権も制して「トリプルクラウン」を史上初めて達成した選手でもある。

 

エディ・メルクスはどんな練習をしていのでしょうか?

時々彼は一日中外出してトレーニングしていたそうだ。

大きなレースは最大7時間続くので、9時間のライドは体を慣らすのに良く、精神的にも余裕を生むと言っている。

メルクスは脚を締めるために多くの運動ペースのトレーニングを行い、冬には6日間のトラックレースに乗ってスピードを上げ、体重を抑えていた。

トラック競技にも取り組んでいたので、ブロとアマ通算で525勝という記録を作ることが出来たのですね。

 

1969ツール・ド・フランス前の1週間

Photo eddymerckxbikes instagram

彼のトレーニング日記からツール・ド・フランス前の練習内容がわかる。

彼は実質的に休息を取ることがない。

練習内容を見るとツール・ド・フランス前だというのに調整という言葉もないようだ。

 

日曜日:ベルギーナショナルチャンピオンシップ、264kmのレース

月曜日: 2レース、110kmのレースとイブニングトラックミーティング

火曜日:カーメッセに出場したが、サインを要求する人々によって他のライダーからスタートすることを妨げられたため、35km地点でリタイヤ

水曜日:彼のチームとのトレーニング、180km

木曜日:彼自身のトレーニングで270km

金曜日: Dernyバイクの背後で50km(このセッションは長くなる予定だったが、激しい雨が原因で危険すぎた)

土曜日:朝、40キロ高速。午後、簡単に40キロ。夕方、ツール・ド・フランスのプロローグ。

 

結局、エディ・メルクスは、1969年のツールでは6つのステージ優勝を獲得。チームタイムトライヤルも含めれば7ステージ優勝だ。

ちなみに、プロローグは7秒差で2位となっている。

1969年のツールは、イエロージャージに加えて、ポイント賞。山岳賞。おまけに敢闘賞まで獲得している。

まさにザ・カニバルですね。

 

なお、現在エディ・メルクスは10月中旬におきた自転車事故で受けた頭部外傷からの復帰中だ。

ベルギーの年間最高のライダーに贈られるクリスタルバイク賞でレムコ・イヴェネプールに受賞の賞を手渡したが30分で退出している。

74歳と高齢となったが、自転車に乗って回復したいと言っているので大丈夫でしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました