ロードバイクの情報を発信しています!

レコム・エヴェネプールは世界選手権の走りでエディ・メルクスの批判に答える

海外情報
Photo by Michal Matlon on Unsplash
この記事は約5分で読めます。

偉大なるエディ・メルクスは、2021世界選手権ロードのベルギー代表選考会におけるレムコ・エヴェネプールの存在に疑問を呈した。

ベルギーがエリート男子ロードレースのリーダー1人でレースをするのであれば、レムコは選ばれるべきではなかったと主張した。

レコムは、明らかにこの批判に満足しておらず、歴代の名選手が大きなレースの前に自分を批判したのは初めてではないと主張。この21歳の選手は、メルクスが自分を尊敬していなかったことを残念に思っていたという。

だが、どうだろう。世界選手権を終わってレコムが先頭を引き続けた距離は後半では最も多かったライダーの一人ではないだろうか?

十分に批判に答えたと思うけど。

 

スポンサーリンク

走りで答える

 

レムコの見事なチーム・パフォーマンスは、批判の可能性を払拭した。彼はワウト・ファンアールトの完璧なチームメイトだったからだ。

レース後、批判者への返答かと聞かれたレムコは、謝罪が適切だと考えた。

 

でも、謝るのは私の役目ではない。特別なレースだった。今年のレースの中で、最も見応えのあるレースの一つだ。レースはまだ5時間も残っていた。

そしてまた、その5時間はあっという間に過ぎてしまった。信じられないくらいだった。人混みの中を走っていても、足の感覚がない。歓声がパワーになるんだ。ユニークな体験だった。

チームとして完璧なレースができた。ただ、結果は我々が望んでいたものとは違っていた。ワウトがツアー・オブ・ブリテンで持っていたタッチが欠けてしまったのが残念だ。

彼は必要な場所にいたので、後悔することはあまりありません。ジャスパーは4位。メダルを逃したのは残念だし、こんなレースをしたにもかかわらずジャージを取れなかったのも残念だ。

 

 

レムコは、常に存在感を放っていた。彼はあらゆる動きに反応し、序盤の2つの大きな逃げグループに参加した。

特に、フランスのブノワ・コヌフロワのアタックには必ず反応。前で後ろのワウトを待つのは作戦だった。厳しい上り坂での選択を乗り越えて、ゴールまで50km弱の地点で17人の先頭グループに入り込む。

その後も先頭を引き続け、フィニッシュから26km地点にあるルーヴェンの地元の周回コースに入ってからは腰を上げた。

先頭を引き続け、同胞のワウト・ファンアールトとジャスパー・ストゥイヴェンをレインボージャージ獲得のための強力なポジションに送り出した。

 

フランス人は明確な計画を持って現れたようで、それはワウトを排除することだった。最初からそうだったんだ。私たちはあんなに遠くからレースを始めたくはなかった。

他の国の動きに反応した。レース前には、フランス、デンマーク、イタリアの選手が参加する動きに参加しなければならないことがわかっていた。

序盤で1チームだけが抜けていて、それがイタリアだった。私は良いポジションにいたので、最初に反応したのかもしれない。

2回、逃げに乗ったことで、ワウトとジャスパーが後ろにいて、快適なポジションを確保することができた。その後、彼らが後ろからブリッジしてきたのは完璧なシナリオだった。

ワウトが僕のところに来て、ウインペルスに向けてハードなペースで走るように言ったので、その通りにした。上り坂では集団についていくのに苦労したが、何とか持ちこたえた。

ルーヴェンに戻るときには、フラットに走って自分を空っぽにするしかなかった。その通りにした。あの17人のグループにいたライダーたちは、全員が逃げ切ることを期待されていて、勝てる力を持っていた。

私たちは、期待されていた3人のライダーと一緒に参加した。本当に良いシナリオだったと思う。

レースの終わりには脚がものを言うが、私の脚は死んでいたし、ジャスパーやワウトの脚も死んでいたと思う。最高の脚を持つ男が勝利を手にしたのだ。

このようなコースで単独でゴールすれば、ジュリアン・アラフィリップが最も強いことは明らかだ。

彼が活躍することはわかっていた。彼はツアー・オブ・ブリテンでも活躍していたし、1週間後にはさらに良くなると思っていた。彼は非常に優れた選手だ。

 

レムコはリーダーではなかったけれど、戦術的にプランBが合っても良かったかもしれない。ワウトの足がスーパーでないことは、レースのかなり終盤になってからわかったそうだ。

レコムが引いた距離と調子を考えると…….2枚で望んでいたらどうだったのだろうか。タラレバになってしまうけど。

レムコは、昨年落車して骨盤骨折したイル・ロンバルディアに出場する。レムコが落車した下りの危険なコースはカットされている。コースは世界選手権よりも自分に合っているというので、ここではエースとして思う存分自分の走りが出来るだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました