ロードバイクの情報を発信しています!

コルナゴがアブダビ投資ファンドに過半数の株式を売却

海外情報
Photo colnagoworld instagram
この記事は約2分で読めます。

コルナゴは1954年にErnesto Colnagoによって創業されたイタリアの代表的バイクブランド。

Ernesto Colnagoは、彼の歴史的な自転車ブランドの過半数の株式をアブダビ投資ファンドChimera Investments LLCに売却したと伝えられている。

今後、コルナゴはどうなっていくのだろうか?
 
 
スポンサーリンク

生産拠点は変わらない

Photo colnagoworld instagram

コルナゴの過半数の株式はChimera Investments LLCに売却となったが、引き続きイタリアのカンビアーゴに拠点を置くことになる。

Chimera Investments LLCは2007年アブダビで創業され、本社はニューヨークにある投資ファンド会社。

裕福なアブダビの投資家による過半数の所有権によりもたらされるセキュリティにより、コルナゴのデザイナーやフレームビルダーは、ブランドの次世代製品の開発に集中できる。

しかし、それはまた、おそらくイタリアのデザインの大胆な時代の終わりを告げるものになるかもしれない。

 

Photo colnagoworld instagram

1954年に会社を設立した88歳のErnesto Colnagoは、退職を検討することができるようになった。 

Chimera Investmentsは、コルナゴ製品の品質を維持および改善しながら、コルナゴにすべての市場でその存在を成長および拡大させる能力を与えてくれる。

私たちはChimeraのサポートを受けて、世界最高のバイクを未来へと確実に構築し続けるというユニークな機会がある。

 

同社の製造施設とスタッフはカンビアーゴに残るが、戦略的方向性はChimera Investments LLCの特権となる。

これから、コルナゴの方向性が大きく変わることがあるかもしれない。

コルナゴは、UAE-Team Emiratesのバイクサボートをしており、これは継続されるだろう。ブランドの名前が変わるのかはわからないが、今後のニュースに注目しておきたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました