ロードバイクの情報を発信しています!

Huntから240g軽量化されたHunt SUB50 Limitless Aeroホイール登場

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

Hunt は、新しい SUB50 Limitless Aero Discの2種類のホイールを発表。

  • HUNT SUB50 Limitless UD
  • HUNT SUB50 Limitless Aero Disc

カーボンスポークホイールの重量はペアで1,380g。これは以前のHalo ホイールセットより 240g軽量化されているという。

膨大な技術資料が公式サイトには掲載されていて、競合他社ホイールとの比較グラフも掲載。30mmタイヤ装着時には、他社ホイールを上回っている。

 

スポンサーリンク

Hunt SUB50 Limitless Aero

こちらはプロモーションビデオ

 

3年の歳月をかけて開発された新型ホイールは、風洞実験で他社ホイールを上回る性能をたたき出している。

開発者の話では、「HUNT 社内エンジニアリング チームは、プロの間で人気が高まっている 28~30 mm 幅のタイヤに最適化された、最大50mmまでの絶対最速のオールラウンド レーシング ホイールを作成することを目指した。」とある。

50mmまでのリムハイトで最速を目指すので、SUB50の名前がついている。

主な目標は、システムの重量を大幅に軽減することで応答性と加速性を向上させることだった。簡単にホイールの特徴をあげると。

 

HUNT SUB50 Limitless
特徴
  • 開発期間は3年
  • 3つのプロロードチームがテストに参加
  • 7つのプロファイルで風洞テスト
  • 10社の競合他社ホイールセットの比較
  • リム プロファイルの広いカーブのおかげで空気力学的安定性が向上
  • フックレスリムで28mm以上の幅のタイヤに対応

 

公式サイトにも情報は余すことなく網羅されている。情報ホワイトペーパーも公開。競合他社ホイールとのデータもグラフで公開されており、30mmタイヤ装着では最も良い数値を出している。

あまりにも情報量が多いので、まとめきれない。詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hunt Bike Wheels | Road(@hunt.road)がシェアした投稿

 

Hunt SUB50 Limitless Aero ディスク Spec

  • 重量:ペアあたり 1,380g
  • リム内部幅: 23.0mm
  • リム外部幅:フロント 34.2mm、リア 30mm
  • スポーク: TaperLock UDカーボン、フロント 18、リア 20
  • ハブ: Hunt H_Ratchet DBL、40T、9° エンゲージメント
  • ベアリング: CeramicSpeed、ダブルシール
  • 価格: 434,800円
     

 

Hunt SUB50 Limitless Aero ディスク   Spec

  • 重量: 1,428g/ペア
  • リム内部幅: 23.0mm
  • リム外部幅:フロント 34.2mm、リア 30mm
  • スポーク:ピラー ウィング 楕円エアロ 20 本、フロント 20 本、リア 24
  • ハブ: Hunt H_Ratchet DBL、40T、9° エンゲージメント
  • ベアリング:二重シールステンレススチールカートリッジ
  • 価格: 281,000円

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました