ロードバイクの情報を発信しています!

イネオスはWahoo KickrトレーナーからGarmin EdgeとTacx Neo2Tに切り替える

機材情報
Photo credit: U884H on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

イネオス・グレナディアーズは、2022年にGarminおよびTacxとの独占パートナーシップに署名した。

イネオスは、2014年からWahookickrターボトレーナーを使っていたけど、これもTaxcに取ってかわられる。

Garminのサイコンは、2019年から使っていたけど、ついにトレーナーまでGaminに買収されたTacxのトレーナーとなってしまいましたね。

 

スポンサーリンク

GarminとTacxとの契約

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@garmincyclingがシェアした投稿

 

イネオスと並んで、GarminとTacxは、独占的にスボンサーされているプロチームにQuick Step-Alpha Vinylを追加している。

さらに、Team Jumbo-Vismaも、2022年にGaminとTacxを継続して使用する。

男女のチーム、開発チームなど、Edgeサイクルコンピューター、Index S2 Smart Scale、Garminスマートウォッチ、Tacx Neo2Tスマートを使用してトレーニングと競争を行う。

ガーミンはまた、Groupama-FDJとMovistar Team(M / F)のスポンサーを続けている。

GarminとTacxが後援するその他のプロのサイクリングチームには、Astana Qazaqstan、SD Worx、Lotto Soudal、TotalEnergies、Trek FactoryRacingが含まれている。

2020年のガーミンの契約プロチームは以下の通り。さらに増え続けてますね。

 

2022年のサボートチームは

  • Quick-Step Alpha Vinyl
  • Ineos Grenadiers
  • Astana-Qazaqstan
  • Canyon-SRAM
  • Lotto-Soudal
  • SD Worx
  • Team TotalEnergies
  • Trek Factory Racing
  • Team Jumbo-Visma
  • Groupama-FD
  • Movistar Team

 

GarminとWahooはお互いに買収を進めており、これからも業界の覇権争いを続けるのでしょうけど、今のところはGaminが勢力を拡大していると言っても良いでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました