ケントvs匠 のはずが、ケント走らんのんかい!

土曜練のよびかけで、西日本クラッシックでのケントと匠の走り、そして女子のフェミニンの行方を地元でみるべく、自走で見に行くべしとの、掛け声の元、頑張って広島空港森林公園コースまで自走でサンニンで行きました。

がががががっ、なんとどんでんがえし。

定刻発車

予定通り、工兵橋で落ちあい、まずは船越ローソンを目指します。

定刻3分前くらいに到着。

すぐに、広島空港に向けて走りだします。

峠までは、平地なので、私がタンタンとひいていきます。

三つ山の三つめから、引いて貰います。

頂上1キロまえから、腰にきて予定通り遅れました(>_<)

暑い一日に

雨どころか、だんだんと暑くなりついに30℃を越えて暑さとの戦いに。

しかも、日差しも出てきます。

八本松駅前から、旧道経由で行きます。

スローパンク

走りだして、すぐに後輪の空気が減っている。

スローパンクで二人から遅れる。

シーラントで復活させて、なんとか走りだせました。

旧道は道が広い

フランクと走った時にはなかった道が出来ていて、結構広い道を追い風基調で走りだし、なんとか順調に走りだせました。

追い風区間では、まずまずのペースを保って走ります。

西高屋、白市と過ぎて、アップダウンをコナシテやっと

空港の目印が。

最終走者を少しだけ

空港近くになって、レースコースを走っている二人を発見。

それが最終走者だったようで、結局女子のゴールは見れず。

とりあえず、展望台前で、E3のレースを観戦です。

ケントと匠に合うが>>>……

今回、ベルギーで走っているケントに匠君がどれくらい迫れるかを期待して頑張ってきたのです。

ががががが、ケントママに会うと、なんとケントは監督指示で、7月5日にあるベルギーでのレースの為に走らず、明日の日曜日だけ走るという。

とりあえず、スローパンクしているので、ケントに空気入れを貸して貰う。

おっさんは、一気に力が抜けて   真っ白い灰に(@_@)

E1レーススタート

cocoのカレーを食いながら、E1レースのスタートを見守ります。

匠君は、左側を走ってくれてちゃんと動画に写ってました。

中々のスピードで、最初から3名が逃げを打ったようで、すぐに一列棒状で三段坂でなんとか吸収したみたいです。

E1の2周目

1周をなんと18分台で帰ってきた、E1集団。

我らが匠君は集団にいたのかどうか、確認できませんでした。

多分、いたのでしょう。

探してみて下さい。

肉眼で見ていたのですが、わかりませんでした。

E1の4周目 展望台に移動

最初の展望台に移動してE1のレースを観戦します。

先頭集団は、絞られて10名前後に。

E1最終週

E1の最終週です。

応援している広島チームですが、先頭にはいたのかなあ。

匠君の最後の展望台での登りです。

まずまずのペースのダンシングのスピードです。

暑さにやられたのかな。

35℃の猛暑での帰り

帰りは、猛暑の暑さで、全く想像をしてなかった環境です。

雨にやられると思っていたのですが、直射日光の暑さにやられました。

私は、最初の登りから遅れます。

暑さ慣れしていないので、走り始めは無理したら死んでしまいます。

西高屋からようやく

ようやく、アップダウン区間が終わって、新しい道になってから先頭を引き始めました。

向かい風だったのですが、風でなんとか気温を誤魔化すという感じでしたね。

白市コンビニ。八本松コンビニ。とにかくコンビニでの休憩で補給しないと危ない状態でした。

志和登りで腰が崩壊

2号線を無理を言って避けて貰ったので、自分が先頭を引いて志和の登りまで。

迂回距離は4キロくらいあったでしょぅか。

さすがに、トラックと事故するわけにはいかないので、安全な道を選択です。

32℃でも涼しい??

市内に入ってマツダスタジアム付近で32℃。

でも、35℃に比べると断然涼しくて走りやすかったです。

マヒしてますね!

出しきり電チャリ対決

まさかの、電チャリ2台と遭遇してしまい。女子高生は推定14キロくらいだったので、なんとかなりそうだったのですが、反対車線を走る男子高校生がむきになっきて、気づくと20キロに。

いつもよりも、100m早い段階で、20キロオーバーでカープからダッシュ。といっても、20キロがセイゼイです。最後は16キロまで落ちますが追いつかれないくらいでギリギリ走り切り。

もう、出し切りました。155キロ。7時間。

ケント vs 匠 勝負も見れなかった、おっさんですが、美味しいビールをイタダキマシタ(^^)

スポンサーリンク
広告大 アドセンスのコードを貼り付け
広告大 アドセンスのコードを貼り付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする