ロードバイクの情報を発信しています!

ミラノ~サンレモのコース変更の話について

海外情報
photo Milano Sanremo
この記事は約2分で読めます。

ミラノ~サンレモのコースが通過自治体により変更となるかもしれないというニュースがあった。

8月8日のバカンスの最中であり、道路封鎖が難しいと難色を示されていたからだ。

 

だが、レース主催者によるとコースの変更はないとのこと。

レースは午前11時35分に始まり、ライダーは午後6時30分頃にゴールする予定。前年よりも遅くスタートすることになる。

 

photo Milano Sanremo twitter

サンレモに至る海岸線には迂回ルートがないので、コース変更というのは難しいでしょう。

速い時には、前のライダーと50cm離れたらちぎれてしまうというほどきついコース。ここがなくなるとレースの厳しさもなくなるような~。

 

今回の出場メンバーには昨年優勝のジュリアン・アラフィリップに2018優勝のヴィンテェンチォ・ニバリも参戦。

その他の発表されている主要ライダーは

  • Peter Sagan (BORA – hansgrohe)
  • Fernando Gaviria (UAE-Team Emirates)
  • Caleb Ewan (Lotto Soudal)
  • Alejandro Valverde (Movistar Team)
  • Greg Van Avermaet (CCC Team)
  • Philippe Gilbert (Lotto Soudal)
  • Wout van Aert (Team Jumbo-Visma)
  • Mathieu van der Poel (Alpecin-Fenix)
  • POGAČAR Tadej (UAE-Team Emirates)

誰が勝ってもおかしくないメンバー。

Lotto Soudalはゴールまでカレブ・ユアンが残れば彼の勝利をアシストすることになるでしょうけど、フリップ・ジルベールのモニュメント全制覇がかかっているのでどうするのか?

あとは、ジルベールが心配しているようにレースが開催されることが大切となってきた感じがする。第2破大丈夫かな?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました