ロードバイクの情報を発信しています!

バッタリンから40周年記念Battaglin Power+ EVOが登場 スチールフレームの美しさは芸術品だ

機材情報
photo officinabattaglin.ocm
この記事は約6分で読めます。

イタリアのフレームビルダーであるOfficina Battaglinは、最高級のフルカスタムのイタリア製ロードバイクの40周年記念限定版 Power+ EVOを発表。

今年は創業40周年と、ジャンニ・バッタリンが1981年ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝と、その3日後に開幕したジロ・デ・イタリアでも優勝した記念の年でもある。

 

スポンサーリンク

ジョヴァンニ・バッタリン

Photo credit: Koke. on VisualHunt.com

 

ジョバンニ・バッタリンは、プロとなった1973年にジロ・デ・イタリア総合3位。

1981年ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝。その3日後に開幕したジロ・デ・イタリアでも優勝。

当時は、ブエルタが4月21日から5月10日まで開催。ジロは5月13日から6月7日の開催だった。これは、ブエルタとジロが3日間だけ隔てて開催されていた時代のこと。

ブエルタとジロを同一年に制覇した選手は、エディ・メルクスとバッタリンの二人しかいない。

彼自身が設計した初めてのバイクを発表したのは1981年。選手時代からすでにフレームビルダーとして自転車の設計をしていた。

彼は、現在もオフィチーナ バッタリン(Officina Battaglin)のフレームビルダーとして活躍している。

 

Battaglin Power+ EVO 40th EA モダンイタリアンスチールロードバイク

こちらのビデオでもその美しさがわかる

 

Officina Battaglin のカスタム スチール製 Battaglin Power+ EVO ディスク ブレーキ ロード バイクは、クラシックなスチールと最新のテクノロジーを見事に融合させている。

完全に隠された内部ケーブル ルーティングを備えたスチール バイクであり、クロモベラト塗装で光沢があり非常に美しい。

 

photo officinabattaglin.ocm

 

Battaglinはイタリア北西部、マロースティカの街で、職人の手により時間をかけて手作りされる。

すべての工程は正確に時間をかけ、正確なチューブの切削、仮組、ロウ付け、またはTig溶接で組み上げられ、ベテラン職人の技と、正確な作業で作られている。

100% イタリア製にするために、イタリアのコロンブスのスチール フレームとイタリアのカーボン フォークを組み合わせている。

 

 

カスタム フォークは、先細のD 字型カーボン ステアラーを使用。

エレガントな先細のヘッドチューブに切り替えて滑らかなプロファイルを得ることができ、油圧ブレーキと電子シフト ラインはDeda Elementi DCRコックピット システムによって完全に隠されている。

 

330g のカスタム WR 製カーボン フォークは、古いフォークから 120gの大幅な軽量化に加えて、新しいヘッドチューブでさらに数グラムの軽量化を実現し、フレームセット全体を軽量化している。

 

photo officinabattaglin.ocm

 

ワークショップから出たすべてのバイクはすでに限定版だが、今年はオフィチーナ・バッタリンの創立40周年と、創設者ジョバンニ・バッタリンの歴史的な1981年のジロ・ブエルタのダブルグランドツアー優勝の40周年ということでさらに特別となっている。

 

photo officinabattaglin.ocm

 

2021年には、70個の個別番号のカスタム Power+ EVO Edizione Anniversario フレームセットが製造される。それぞれに小さな 40周年アニバーサリーの金メッキのバッジが埋め込まれる。

 

photo officinabattaglin.ocm

 

Power+ EVO はカスタムメイドであり、各バイヤーは会社のオーナー兼マネージャーである ジョバンニ・バッタリンと個人的にバイクの適合について相談する。

バイクは、溶接とろう付けを組み合わせたカスタム描画のマルチバテッド Columbus Spirit HSS「GB81」チューブから、Battaglin ワークショップで手作業で組み立てられる。

スレッド BB、完全内部ルーティング、テーパー ヘッドチューブ、12mm スルーアクスル、フラット マウント ディスク ブレーキ、27.2mm シートポストが特徴となっている。

 

photo officinabattaglin.ocm

 

グロスのクロモヴェラート赤から黒へのフェードで標準装備されているが、Battaglin はカスタムペイントやその他のクロモヴェラート仕上げも提供している。

 

photo officinabattaglin.ocm

 

Power+ EVO Edizione Anniversario フレーム キットは 5000ユーロ(約66万円)。

Battaglin は、カスタム フレームを完全なカスタム バイクに組み込むこともできる。Battaglin は、いくつかの要因のおかげで、供給不足による劇的な影響を受けていないと述べている。

年間生産される自転車の数が比較的少ないこと、予測可能なハイエンド コンポーネントの仕様、信頼できるサプライヤーとの良好な関係、でプレミアム コンポーネントの在庫が確保できている。

カスタムフレームの納期は6か月。こんな綺麗なバイクだと乗るよりは飾っておきたいですね。

 

こちらはプロモーションビデオ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました