ロードバイクの情報を発信しています!

altanglecyclingからドアフレームを自転車修理スタンドに変えるAltangle Hangarと用途の広いHangar Connect

機材情報
Image credit: altanglecycling
この記事は約3分で読めます。

サイクリストのために作られたAltangle Cyclingは、スクワイヤーズ・スミス(Squires Smith)と彼の兄弟スコット(Scott) によって設立されている。

大学生のサイクリスト、スクワイヤーズ・スミスは、自転車メンテナンスでいつも困っていたそうだ。

部屋が狭いのに、整備用の格納スタンドとか置いていられない。そこで、ドアに取り付けて使うハンガーを考え出している。

 

スポンサーリンク

Altangle Hangar

こちらで取り付け方がわかる

 

これは結構便利そうだ。標準的なドアのサイズがあれば設置できる。ただ、ドアの開口部の強度は確認しておかないといけないだろう。

ドアとの接点には、ゴムが使用されており傷がつかないように工夫されている。

 

Image credit: altanglecycling

 

折りたたむと、約50cmと小さくなるので、保管にも便利だ。結構バイクスタンドはかさばりますからね。

Altangleは、「市場で最もポータブルでコンパクトなバイク メンテナンス ステーション」であると述べているが、まあそうだろう。

 

Image credit: altanglecycling

 

クランプアームは12か所のロックアウトポイントで 360度回転する。

ロックアウトポイントにより、ユーザーは目の前の作業に最も便利な方法でバイクを配置できる。

ハンガーには、取り外し可能なデュアルポジションクランプ設計もあり、「格納庫に自転車を取り付ける際の究極の選択性」が可能になると言われている。

価格は、$272.00(約3万5千円)

 

Altangle Hangar Connect

 

Hangar Connectは、世界最小の汎用サイクルスタンド。

これは、棒とか板とか固定された物があれば、どこでも取り付けることが出来る。水洗いしたいとき時に便利だ。

 

Image credit: altanglecycling

 

76mmの開口部と独自のクランプ設計により、Connect はさまざまなシートポストと互換性がある。

円形、長方形、場合によっては平らな「カウンタートップ」のような表面など、多くの支持構造にしっかりと取り付けることができる。

取り外し可能なデュアル ポジションクランプ設計により、Connectをバイクまたはサポート構造に取り付ける際の究極のオプションが可能となる。

 

Image credit: altanglecycling

 

板でも、つかめればOKですね。30日間の質問なしの返品ポリシーもあり、気に入らなければ全額返金もしてくれる。レビューを読むと皆良くできているとの感想が。

価格は$225.00(約3万円)。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました