ロードバイクの情報を発信しています!

クリテリウム・ドーフィネで山岳ステージ2連勝したマーク・パデュンが明かす勝利の要因とは?

海外情報
Photo by Kristina Flour on Unsplash
この記事は約3分で読めます。

クリテリウム・ドーフィネ最終ステージで勝利したのは、24時間前にステージ優勝したマーク・パデュン。

2日連続で速い段階から逃げており、最終ステージでは残り27kmから単独で逃げている。

超級山岳ジュウプレーン の登りでは、イネオスの追走を受けても全くタイムを失うことがなく、その山岳でのスピードは群を抜いていた。

総合勢と同じスピードで単独で走っているのだから凄い。そのパワーの秘密を語っているので聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

マーク・パデュンが勝てた秘密

こちらはクリテリウム・ドーフィネ第8ステージ。マーク・パデュンのゴール手前1kmから
#Dauphiné 2021- Stage 8 – Last KM

 

レース後にマーク・パデュンはこれまでの過ちについて反省し、これからは間違いを起こさないと語っている。

彼の力強いフォームは、体重に集中するのをやめ、必要なエネルギーを補給したからだと言う。

マーク・パデュンはここ数年、体重の問題を抱えていた。182cmあるが体重は60kgしかない。体重が多すぎたのか、少なかったのかは明らかにしていない。少なかったに違いないけど。

パデュンは食べる量を増やすことで状態が改善した。以前は、体重と食事を減らし過ぎていたと。

以前の苦しんだレースでは、空虚な感じで虚ろな気分だった。それに気づいた時に、ただ食事をすることに全力を注いだ。

そうすることで足にエネルギーがたまりパワーが出せるようになった。

 

食事制限で苦しむ選手も

以前、ヤコブ・フルサン(Astana-Premier Tech)がダイエットで8年間を無駄にしたと告白している。

 

摂食障害に苦しむライダーは多く、ローハン・デニス、ヤニ・ブライコビッチなどが告白している。

 

ヤコブ・フルサンは食事をとることによって30代を大きく越えてから飛躍している。マーク・パデュンは食事を制限していた時には、エネルギーのある足自体を持っていなかった。

24歳だが、もうその過ちを犯すことはないという。

マーク・パデュンは、第8ステージで、1級山岳コロンピエール峠を上がった時に仕事は終わったと思ったという。

だが、チーム無線で山岳賞が取れるのでポイントを取るように指示される。

最後の登りの前に勝てるなら、最後の登りもできるかもしれないと言われた。そして、正直なところ、今日はすべてがとても簡単になった。

フィジカル的には非常に厳しいレースだったが、精神的には…昨日勝ったので、今日は可能な限り最善の方法で仕事をするつもりだった。

マーク・パデュンは、ゴール後も元気で笑顔を見せていた。全てを出し尽くして突っ伏すということもない。

これもエネルギーが充満しているからだろう。必用なエネルギーまで制限して体重管理しても、脚に力が入らなければ問題外だ。゜

マーク・パデュンの次の予定レースは決まっていない。次のレースでも山岳で今の力を見せれば、体重を抑えすぎなくても走れることを証明してくれるはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました