ロードバイクの情報を発信しています!

摂食障害で苦しむヤニ・ブライコビッチが異常な足の状態を投稿

海外情報
Photo by Muhammad Ruqiyaddin on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

ヤニ・ブライコビッチ(35歳)は、2017年までバーレーン・メリダに所属。

2010年にはクリテリウム・ドーフィネ総合優勝。2012年にはツール・ド・フランスで総合9位にもなったことのある実力者。

そのヤニ・ブライコビッチがプロツールの中に潜んでいる、摂食障害について継承を鳴らすと共に、レースに復帰する前の足の状態をSNSにアップした。

 

スポンサーリンク

摂食障害について語る

Photo Yuzuru Snada

 

8月ヤニ・ブライコビッチは、ブログにブロサイクリングでは、摂食障害は無視されていると摂食障害と彼の長期的かつ継続的な闘争を明らかにした。

2018年7月のドーピング検査でヤニ・ブライコビッチはメチルヘキサンアミンが陽性となり失格処分を受けている。

 

メチルヘキサンアミンとは

2006年からは、メチルヘキサンアミンは、興奮剤、または精力増強サプリメントなどの名称で販売され、ゼラニウム根エキスにも含まれている。
しかし安全性には疑問があり、メチルヘキサミンを含むサプリメントによる死亡例が少なくとも5件報告されている
多くの運動競技団体や政府機関で、利用を禁止されている。
引用 wikipedia.

 

これについて、ブライコビッチは、摂食障害で食べられるものが食事代替粉末のサプリメントしかなく、汚染製品を摂取したとUCIに説明している。

UCIは、彼の説明を受け入れ、10か月間ブライコビッチを出場停止処分とした。

 

「それは、食物との貧弱な関係、摂食障害と過食症についてです。それはすぐに起こり、私がその症状を知る前に、もうコントロールできないことに気づきました。

タブートピックなので、誰かに伝えて助けを求めることはできません。私は大丈夫だと思って、それと一緒に暮らすことを学んだ。

ContinentalからPro Continental、WorldTourにいたすべてのチームで、チームメイトが苦労していた。

少なくとも5、6人が摂食障害を起こしていた」

自転車では体重管理は重要で太りやすい選手などは注意が必要となる。あまり度が過ぎると食べることに過敏になってしまう選手が多いのもうなずける。

 

CROレースで復帰した、ヤニ・ブライコビッチはインスタグラムに彼の足の状態をアップしている。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

It’s only about not fucking it up now 💯

Jani Brajkovicさん(@janibrajkovic)がシェアした投稿 –

ほとんど、皮の下の筋肉しか見えていない状態。

 

2017年にはバーレーン・メリダからツール・ド・フランスに出場している。

2017ツール・ド・フランス Photo Yuzuru Snada

だが、チームは彼の摂食障害を知るとそれを無視してシーズン終わりには契約を打ち切ってしまう。

ブライコビッチは、チームは理解しており、彼の一時停止後に彼を連れ戻すことを約束していたが、これも起こらなかったと述べた。

 

骨折をして復活する人はヒーローと見なされるが、精神的な問題、摂食障害で数か月、数年苦労している人は弱いのですか?

ヤニ・ブライコビッチは摂食障害がタブートピックであってはならないと言っている。

私だけの問題ではなく、他人にも当てはまる。注意を引いたり、気の毒に思わせるために書いているのではない。

好きか嫌いかにかかわらず、普通の問題として取り扱ってもらいたいとしている。

彼は、Adria Mobil コンチネンタルチームで無事にレースに復帰した。

転倒しても起き上がれば、それは失敗ではない。これがブライコビッチがレースを続ける理由だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました