ロードバイクの情報を発信しています!

トム・デュムランは東京オリンピックとツール・ド・フランスを目指す

海外情報
この記事は約4分で読めます。

トム・デュムランの2019年シーズンは波乱だった。

ジロ・デ・イタリアでの膝のケガにより、2度の手術。ツール・ド・フランスを欠場。今シーズンでのレース復帰はなくなった。

そして、チームとの確執からSumwebから去ることになってしまう。

 

トム・デュムランが2020年シーズンの目標をインタビューによって語っている。

 

スポンサーリンク

Tour de Dumoulinでのインタビュー

Tour de Dumoulinのコース Dumoulin twitterより

 

5日前の情報では、トム・デュムランの膝の調子は完全ではなかった。

1日に2~3時間のライドで、その2週間前にはハードに乗ると、膝の腱が炎症を起こしてしまい2日連続で乗ることが出来ないという状態。

トム・デュムランは、10月6日に開催された自身の主催するTour de Dumoulinでインタビューに答えている。

「私の膝は非常に良くなってきた。

土曜日にヨス・ファン・エムデン(Team Jumbo-Visma) と一緒に4時間サイクリングしたんだ。

再び調子が戻ってきているように感じるよ。10月末までトレーニングを続けるつもりだ」

かなり、膝の状態が回復しているようで安心しました。

 

「11月の初めから休暇して、それから新しいシーズンに向けて準備を始める。

医師にも、膝は順調に回復して、二度と悪くなることないだろうと言われているんだ」

かなり時間をかけて治療に専念したのが良かったようですね。

これが無理をしてレースに出ていたりすると更に悪化して、長引かせていたかもしれないので正解でしたね。

 

ワウト・ファンアールトから双方向に学ぶ

https://sporza.be/nl/2019/10/07/dumoulin-over-tour-olympische-spelen-tokio-jumbo-visma-sunweb-ev/#&gid=1&pid=1

来年シーズン、トム・デュムランは、Jumbo-Vismaに移籍する。

 

Jumbo-Vismaではリーダーとなるライダーが多数いることについてどう思っている?

「Sunwebで、唯一のリーダーになるのは難しいことを経験した。

体調が悪くなったり、ケガしたりすれば、Jumbo-Vismaではいつでも私から引き継ぐことができる別のリーダーがいるでしょうが、Sumwebではそうではなかった。

複数のリーダーでスタートする場合、最高のポジションにいるライダーのカードを引きよせる。イネオスは何年もそうしてきているだろ」

 

Jumbo-Vismaでは、ワウト・ファンアールトがチームメイトになることについて。

「彼と一緒に乗ることを本当に楽しみにしている。しかし、彼には最初に乗り方を教えなければならない」

とデュムランは笑う。

 

「私は彼から多くを学ぶことができ、彼も私から学ぶことができると思う。そうすれば、本当にお互いにハッピーになれるだろ」

 

ツール・ド・フランスと東京の間はほとんどない

 

来シーズンの目標は何ですか?

「ツール・ド・フランスのコースが自分に合っていれば、自分で対処できる。

Jumbo-Vismaは、私にフランスでのスタートを望んでいることを示唆しています」

とデュムランは言う。

つまりチームのツールでのエースはデュムランが努めることが決定している。そうなるとプリモシュ・ログリッチはジロかブエルタを狙うことになるだろう。

あくまでデュムランの目標はジロではなくてツールだ。

 

「ツールとオリンピックの間には、ほとんど時間がない。

これは最も理想的なシナリオではありませんが、ツールとオリンピックを組み合わせることができると確信している」

デュムランの2020年の最初の主要目標であるツール・ド・フランスは7月19日に終了し、東京オリンピックは5日後に始まる。

男子ロードレースは7月25日に予定され、タイムトライアルは7月29日に予定されている。

トム・デュムランには、来シーズンは今シーズンの鬱憤を晴らして是非挽回して欲しいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました